蕎麦屋 藤田@須賀川市でザル蕎麦&すだち蕎麦

2017年9月午後、福島県須賀川市の「蕎麦屋 藤田」に行ってきました。

お店は、須賀川駅から徒歩20分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

ざる蕎麦 850円 3.5

蕎麦屋に来たらやっぱり普通の盛り蕎麦が基本でしょう。蕎麦は十割の手打ちそばです。
おしゃれな細工が施されたお盆に乗って出てきました。

盛りは一般的な盛り蕎麦の1枚分といった感じで、過不足ありません。
辛汁は甘味と醤油感をしっかり感じる、比較的味の濃いものです。
薬味は、ネギとワサビが付きます。
そして何故か漬物も付きますが、しっかり味がしてなかなか美味かったなあ。

肝心の蕎麦ですが普通の細打ちよりは少し太めのラーメンの中太くらいですね。
普通よりは気持ち太めでモチっとしたコシがありますが、少し固めに茹でられていて完全なモチモチ系でもありません。うどんみたいな太い蕎麦のモチっとしたコシと、固めに茹でて冷水でキュッと締めたコリッと固い蕎麦の、両方の側面を持った噛みごたえです。

挽き方はそれほど荒くないものの表面には蕎麦らしいザラつきがあり良いですね。
10割ですがポソポソした感じはありません。
ただ、水分含有量は際立った感じではなく、後半は少しだけ乾いてきた感じがありました。少し太めなので完全に劣化することはありませんでしたが。

肝心の香りですが、意識して鼻から息を吐かなくても蕎麦の風味を自然に感じられるくらいにはしっかりしています。際立った濃い香りではありませんが、十分に蕎麦の風味を味わえます。

最後に蕎麦湯が出てきますが、蕎麦粉を溶いてドロドロに白濁しているものです。
飲みごたえがありますね。蕎麦の風味もしっかり感じます。

結構な量が出てきましたが、飲み終えてしまうと、まだまだありますよと追加してくれました。

すだち蕎麦 1200円 3.4

夏季限定ということで気になったのがすだち蕎麦です。
このスタイルのすだち蕎麦は最近結構目にする気がします。

大きめの椀に蕎麦が盛られ、冷かけ汁がヒタヒタに満たされ、薄くスライスされた酢橘がこれでもかと水面を覆います。
汁を飲むと、辛汁を薄くしたような冷かけスタイルの薄めの上品な味の汁に、酢橘の爽やかな酸味が存分に染み出していて、非常にサッパリした味わいです。食欲のない夏にぴったりな1杯だといえます。

ただ、当たり前ですが、冷かけスタイルなので蕎麦の香りや風味を楽しむには不向きですね。
また酢橘も結構しっかり主張しますので、蕎麦そのものの風味を味わうというよりは、爽やかな酢橘の風味で味わう蕎麦という感じになります。美味いですが、個人的には蕎麦の風味を存分に味わえる普通の盛り蕎麦のほうが好きです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ福島県の人気記事

コメントを残す