肉の斎藤 味斎@川西町で牛賜(米沢牛の肉巻きおにぎり)

2017年9月の朝、山形県東置賜郡川西町の「肉の斎藤 味斎」に行ってきました。

お店は、羽前小松駅から徒歩6分ほどの立地です。
駐車場は、十字路を挟んだお店の斜め向かいにあります。

牛賜 525円 3.4

肉屋さんで牛豚鳥と精肉が売られていますが、グルメ目的なので牛賜がお目当ての品です。
牛賜というのは米沢牛を使った肉巻きおにぎりですね。
ブランド牛を使った肉巻きおにぎりだけあって1個525円とよいお値段します。

写真のようなパッケージに入って、冷凍されて陳列されています。
おみやげにこのまま持って帰るも良し、温めてもらってその場で食べるも良しですね。

温めてもらってその場で頂きました。椅子2脚のイートインスペースも有り、お茶ももらいました。

パッケージから出すとこの通りまん丸の球体をしています。
タレが絡んでテカテカ光っていて宝石のようです。
タレは甘辛醤油ダレで非常にオーソドックスな肉巻きおにぎりの味という感じですね。
トロミの強いタレが割とたっぷりペタペタに塗られています。

中のご飯も甘辛醤油ダレで味付けされています。全体的に味が濃すぎることもなく良い塩梅!

肝心の米沢牛ですが、深く火が通っているのと、一度冷凍してからの加熱なので、流石に蕩けるように柔らかいとはいかず、むしろ若干コワコワする感じです。あくまで若干であり、この手の肉巻きおにぎりとしては良い肉ですよ。
流石に米沢牛を使っているだけあって味は良いです。程よい脂の旨味と肉の味が感じられます。

正直、せっかくの米沢牛ならしゃぶしゃぶなんかで頂いたほうが美味いのは間違いありませんが、手軽に楽しめる肉巻きおにぎりも悪くないですね。
おにぎりとしては高いなあと感じますが、単純に味だけを考えれば間違いなく美味いです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

山形県の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す