まるや 大曽根店@名古屋市北区で上ひつまぶし

2017年11月夜、名古屋市北区の鰻屋「まるや 大曽根店」に行ってきました。

お店は、大曽根駅から徒歩10分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

上ひつまぶし 2970円 3.7

鰻一尾にご飯300グラムという一番標準的なサイズの上ひつまぶしを注文しました。
国産かは謎ですが、鰻1尾乗って3000円切るのなら今日では比較的リーズナブルでしょう。
鰻1/2尾の楽ひつまぶしなら2000円で食べられますが、せっかくなら1尾分味わいたいところ。

まるやは本店に5年くらい前に行ったことがあり、パリッと焼かれていて美味しかった記憶があります。
そうそう、こういう大きな桶に入って出てくるんだった。
まあ上げ底なので超ボリュームというわけではないですがね。

薬味は大葉、ワサビ、万能ねぎで、刻み海苔がパックに入ったものなのも前と同じだ。

その他、漬物と吸い物も付いて完璧な布陣!

ボリューム的には1尾分の鰻に、ご飯の盛りもしっかりなので十二分です。
名古屋でも色々とひつまぶしを食べましたが、意外と関東風のふんわりなお店もあるのよね。

でもやっぱり、ひつまぶしは関西風のパリッとした焼きじゃないとダメだ。
その点、まるやはトップクラスにパリッと仕上がっているので素晴らしい。
薬味で食べるひつまぶしは、鰻の身の質とか云々じゃなくて、とにかくパリッと仕上がっているのが重要ですわ。

セオリー通り1/4にして、1杯目はそのまま頂きます。
個人的にはうな重は関東風の蒸してフワッとしたうなぎが圧倒的に好きですが、ひつまぶしだと何故かパリッとした関西風の焼きが異様に美味しく感じるんだよなあ。
なんかこの細切れになった感じとパリッとした感じの相性が良いのかなあ。

2杯目は薬味を使って頂きます。個人的にひつまぶしはこの2杯目が一番好き。
まるやは大葉もあるので薬味感満載です。海苔はパックで湿らないようになっていて良い。
ただ、ワサビはチューブみたいな西洋な粉ワサビ感まるだしで、ちょっと美味くない。
辛さはしっかり来るけど、ひつまぶしの味の決め手になるのはワサビだから、擦りたての本わさびがいいなあ。

まあトータルとしては文句なく美味いです。
パリッと焼かれた鰻と薬味の味のハーモニーがやっぱりたまらん。ひつまぶしうめぇなあ!

3杯目はダシを注いでお茶漬け風に!
これがまた美味いんだ。鯛茶漬けなんかもそうだけど、基本的に最後に茶漬けにするのは味変の意味が大きく、美味を追求するものではないと思っているものの、ひつまぶしは茶漬けも結構いけるんだよなあ。

パリッと焼かれている鰻なので、だしをかけてヒタヒタにしても安心感があります。
シャバシャバになったご飯と、パリッとした鰻の食感のコントラストがまた良いのよ。

4杯目はお気に入りの薬味でいただきました。やっぱりこれが一番うまい。

全部食べるとお腹いっぱいでなかなかのボリュームでした。全体的にクオリティは満足できるもので、特に鰻がパリッとしているのが良いです。
ひつまぶしはパリパリ感重視なので、鰻の質云々はハッキリ言って全然気にも留めませんでした。唯一わさびがチープかな。
でも、この値段でしっかりしたひつまぶしが食べられるこのチェーンは個人的にかなり好き。
大曽根店は直営店ではなくフランチャイジーらしいけど、全然クオリティ高かったです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ愛知県の人気記事

まだデータがありません。

コメントを残す