えとせとら松屋@天橋立 松笠地区で「黒ちくわ」

2018年5月昼、京都府宮津市は天橋立の松笠地区の「えとせとら松屋」に行ってきました。

お店は、鉄道駅からは遠く離れた立地で、天橋立ケーブルカーの府中駅の目の前です。
駐車場は、無さそうです。

黒ちくわ 350円 3.4

天橋立ケーブルカー乗る前、店頭で焼いている黒ちくわが目に入り購入!
竹のような筒に魚のすり身を巻き付けて店頭で焼いている焼き立てのちくわです。
なかなかボリューミーでお値段の価値はありますね。焼きたてなので食べ歩きにGOOD!

表面はカリッとはしませんが香ばしめに焼き目が付いていて、まさにちくわといった感じの食感です。
魚のすり身ですが、黒ちくわというだけあって普通のスケトウダラみたいなすり身とは少し様子が異なります。魚のすり身がしっかり多い感じでツナギが少ない感じ。
イワシのつみれ系というかなんというか、静岡の黒はんぺん系の味がします。
黒はんぺんをちくわにして焼いている感じですね。

ものすごく特別うまい食べ物ではありませんが、嫌いな人はなかなかいないでしょう。
ちょろっと食べ歩きには良い商品でしたよ。リーズナブルで食べごたえもあって。
焼き立ての練り物系の食べ歩きの魅力は計り知れない。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

京都府の人気記事

コメントを残す