蕎遊庵@足利市 織姫神社で「さらしな生一本」と「石臼手挽き蕎麦」

2018年8月昼、栃木県足利市は織姫神社境内の蕎麦屋「蕎遊庵」に行ってきました。

お店は、足利市駅から徒歩15分ほどの立地です。
駐車場は、織姫神社の駐車場があります。

さらしな生一本 750円 3.5

まずは有名な、さらしな生一本を注文しました。
汁がかかった”かけ”と、今回注文した”ざる”がありますが、まあ無難に”ざる”でしょう。
盛りは標準的な盛り蕎麦の量で、やや軽めです。

辛汁はかなり醤油感の濃いもので、ここまで塩分濃度が高いものも珍しいかも。
でも不思議と蕎麦をつけて食べても塩っぱさが気になりませんでした。

薬味はネギと大根おろしです。山葵がないのは珍しいですね。

さて、さらしな生一本ですが、もう見た目からして非常に特徴的な1枚です。
更科蕎麦なので、真っ白なのは当然として、驚きなのはその細さです。
もうね春雨かビーフンかというほどの細さです。いやもっと細いかもしれない。
よくもまあこんなに細く切ったなという感じです。切ったのではなく絞り出したのかな。

ただでさえ上品な味わいの更科そばですが、極細であることで分かりやすい蕎麦感は皆無ですね。非常に滑らかで柔らかな素麺のような味わいのお蕎麦です。
蕎麦の風味も一番粉の更科なのであまり感じませんが、それでもやはり素麺とは違い明らかに蕎麦であることが良くわかります。

香りやコシや舌触りのどごしなど、蕎麦らしい派手さはありませんが、非常に繊細で変わっている1枚なので珍しくてよかった。ただ、もう1枚普通の蕎麦も頼んだからこそ言えることであり、これだけだったらやや物足りない印象だったかも。

石臼手挽きそば 800円 3.5

普通のお蕎麦も食べようということで、せいろ、田舎そば、石臼挽手挽きそば、十割そばとある中から、一番高価な石臼手挽きにしてみました。それでも800円と、意識高い系の高い蕎麦屋と比べるとリーズナブルです。

こちらも盛りは標準的な盛り蕎麦サイズで、やや軽めくらいですね。
ちなみに蕎麦類はすべてプラス200円で大盛りになるようです。

標準的な細打ちの蕎麦で、微かに星も見えるやや粗挽きの蕎麦です。
際立ってコリっと硬かったり、太くてモチモチする感じではない、標準的な太さ標準的な噛みごたえの範疇の蕎麦ですが、やや硬めに仕上がっていて噛みごたえの心地が良いです。なんか好きな感じのコシです。
際立って瑞々しい訳ではないですが、乾きやすいこともなく地味に全ての面で良い仕上がりです。

肝心の香りは、夏の時期ですが意識しなくても蕎麦の風味を感じることができるレベルです。
際立って蕎麦の香りが濃いわけではありませんが、時期を考えれば十分でしょう。
上品な更科もいいけど、やはり蕎麦は香りをしっかりと感じることができてこそですね。

最後に蕎麦湯が出てきます。一見シャバシャバでサラッとしていますが、ほのかにヌメリと微かな白濁があり、意外と飲みごたえがあります。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ栃木県の人気記事

コメントを残す