ケーキハウス ロゼーヌ@佐野市でケーキ&佐野かりかりシュー

2018年8月夕方、栃木県佐野市の「ケーキハウス ロゼーヌ」に行ってきました。

お店は、佐野市駅から徒歩15分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

はつ恋 340円 3.5

マンゴー?柑橘系?のケーキを購入してみました。下からスポンジ生地、ココナツのムース、スポンジ生地、マンゴーのムースと重ねられて、上部は柑橘系のシロップで閉じられ、マンゴーとブルーベリーが飾られています。

生地がビスキュイではなくスポンジなんですね。きめ細かくフワフワに柔らかなスポンジですが底のほうがややパサッとしています。上の方のスポンジは上下のムースから水分が染み込むのかジュワっとしっとりでした。

ココナツのムースは大人しい味でほんのりココナツの風味があります。マンゴーのムースの方は相対的にしっかり甘酸っぱいマンゴーの風味ですが、その上のドギツく甘酸っぱいシロップの味が強いので相対的に大人しく感じます。

すべて一体でいただくと、マンゴーの甘酸っぱい爽やかな風味に、大人しくほんのりなココナツがよくマッチしていて、素晴らしい味のハーモニーです。

なごみ 350円 3.3

こちらは一転、チョコと抹茶で濃厚なケーキです。下から、チョコスポンジ、生チョコっぽいクリームに小豆が散らされたもの、チョコスポンジ、抹茶ムースと重ねられて、濃い抹茶風味のゼリーで閉じてあります。上には甘く煮られた和栗と星型の金箔で飾り付けられた黒豆が乗ります。

見た目は最高に洒落ていますが、食べてどうも違和感が。なんかあまり好きではない感じの濃い抹茶感があります。
べったり濃厚というか、個人的に嫌な感じの抹茶の風味が強く感じられます。
抹茶のムースも割と濃厚な味わいですが、上のゼリー?シロップみたいなのがドギツいなあ。
ムースといい、ソフトクリームといい、抹茶はライトで爽やか系の味わいほうが好きです。

一方の生チョコのような濃厚なチョコクリームは良い意味で濃厚で、甘く似られた小豆が散りばめられているのもオシャレでいい感じ!
抹茶ムースではなくチョコの方に小豆が入っているのがニクイよね。

後半慣れてきて、抹茶とチョコのハーモニーを楽しみましたが、やはり抹茶部分がもう少しライトで爽やかな方が好みです。

佐野かりかりシュー 120円 3.6

小ぶりなシュークリームですが、濃厚で重めなカスタードがたっぷりパンパンに詰まっていることもあり食べごたえがあります。
カスタードは割としっかり重い感じで、卵とバニラの風味が濃いしっかりしたものです。

その最大の特徴はカスタードよりもシューのほうで、上部がカリカリに仕上がっています。
クッキーシューを謳っていても夏の湿気でシナシナになってしまっている物も多いですが、こちらのシュークリームは湿気を物ともしないカリッカリです。カリカリのメロンパンのクッキー生地のような生地で本当にカリカリに仕上がっていて大変うまい!

上部のカリカリ以外の部分は、厚く食べごたえのある生地で、まるでデニッシュ生地のようでした。
厚くしっとりな生地とカリカリの部分の食感のコントラストが素晴らしいです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ栃木県佐野市の人気記事

コメントを残す