志津香 大宮店@奈良市で牡蠣釜めし

2020年3月午後、奈良市の釜飯屋「志津香 大宮店」に行ってきました。

お店は、新大宮駅から徒歩7分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

かき釜めし 1375円 3.3

色々と釜めし類が並び実に迷いましたが、冬季限定だという牡蠣釜飯にしました。

おそらく注文があってから火にかけるのだと思いますが、長時間待たされること無く、30分経たないくらいで出てきたと思います。

熱々の鉄釜に入って出てきます。赤だしとお新香付き。

量的にはまさに釜飯1人前という感じの量で、多すぎず少なすぎずでベストですね。

大ぶりの牡蠣が4つもゴロンと乗っていて豪華です。

ご飯はかなり薄い色をしていて、醤油ダレという印象ではないですね。
なんか薄塩味というか、ほぼ味がしないほどに薄味で、優しい味という以上に滋味です。
味が薄いというか、出汁の旨味はある気がしますが、塩分濃度がかなり薄い感じですね。

ご飯だけ食べると、少し出汁使って炊いた白ごはんのようでしたので、牡蠣を崩して混ぜていただくことで、ようやくなんとか味がするかなという印象でした

こういう超薄味の釜飯なのかもしれませんが、極端に薄かったので、もしかしたら失敗かもしれません。

牡蠣は非常に立派なものが乗っています。
まるまる太ってプリッとしていて、しっかり牡蠣の旨味もあり、良い牡蠣です。

鉄釜の底の方はおこげになっていて、ここは微かに味も濃く美味いのですが、結構張り付いて剥がすのは大変でした。

志津香 大宮店 店舗情報

食べログ → 志津香 大宮店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ奈良県の人気記事

コメントを残す