大黒@大阪市此花区西九条はリーズナブルな海鮮居酒屋でした

2020年3月夕方、大阪市此花区西九条の居酒屋「大黒」に行ってきました。

お店は、西九条駅から徒歩1分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

あじ南蛮漬 350円 3.5

非常にリーズナブルなお値段のアジ南蛮漬けですが、結構しっかりしたアジの身が入っています。大ぶりなアジ半身くらいが入っていますからね。

南蛮漬けというと、どうしても雑魚を揚げて漬けがちなので、揚げた時に薄い身がパサパサカソカソになってしまいがちですが、こちらは身が厚いのでしっかり柔らかなアジの身が味わえます。

何気に南蛮漬けでしっかりした身のものって貴重です。味付けもサッパリで美味い!

ふぐ皮ポンズ 500円 3.4

個人的にふぐ皮って普段全然食べないので、良し悪しがサッパリわかりません。

ただ、プリプリのゼラチン質で、コリッとしていて新鮮な感じがしたので良いものなのだと思います。

関あじ造り 600円 3.5 + 生うに 780円 3.7

アジの方はシマアジもありましたが関アジにしました。
肉厚の身で、プリッとハリがあり鮮度は良さそうです。
脂ののりもなかなかで美味いアジでした。しっかり刺身の質が高い居酒屋ですね。

ウニの方はもう見た目の色からして素晴らしいです。実にきれいなオレンジ色!
崩れなど無く、瑞々しくプリプリしています。
食べても臭みをほどんど感じさせないもので、甘みがあり大変良いウニです。

うなぎ蒲焼き 1100円 3.5

個人的に居酒屋で鰻を頼むことはあまりありませんが、想像していたよりも全然しっかりしていました。

何か特別感がある鰻ではないのですが、しっかりふっくら柔らかで、焼かれた香ばしさとタレの甘辛具合がマッチしていてなかなか美味いじゃないですか。

もちろんうなぎの専門店の鰻のほうが美味いのは言うまでもありませんが、それでも居酒屋の一メニューと考えると想像以上でした。

半尾でこの値段ですのでなかなかリーズナブルではないでしょうか。
値段的に中国産か国産かは微妙なところですが。

若ごぼう 450円 3.4

ごぼうとネギがポン酢みたいな味わいで和えられています。

若ごぼうという割には微妙にネギの比率のが多い気もしましたが、まあ半々かな。

エグみもなく、なかなか柔らかでさっぱりしていて美味いです。

鰻巻 500円 3.4

何故かだし巻き卵はありませんでしたが、う巻きがありました。
結構デカいですが、うなぎは中心に少し入っている感じです。

ふんわり柔らかに仕上がっていて、うなぎも少しですがしっかり存在感があって良いですね。

あなご天ぷら1本 550円 3.6

一本あなごを丸ごと天ぷらにした一品です。
あなご1尾でこの値段なら非常にリーズナブルでしょう。

衣はカラッと揚がっていてサクサク、中の穴子の身はふっくら熱々に仕上がっていて、大変に美味です。

ぶり塩焼 500円 3.6

ブリの切り身の塩焼きです。ブリは照り焼きが定番ですが、良いブリの身なら塩焼きがよい。

非常に脂が乗ったきめ細かい身で、塩だけで十二分に美味いです。

油ののりよくトロッと柔らかな身で、パサパサ感の欠片もありませんね。
大変美味しかった!

焼おにぎり 300円 3.5

なんでもない焼きおにぎりですが、周りがしっかりパリッと仕上がっていて素晴らしい。

そして重要なのが中心まで醤油ダレがしっかり染みていること。
表面に薄く塗られただけだと物足りませんが、これは中までしっかりタレが染みて美味いです。

鮭茶漬 480円 3.8

何気に一番美味かったのがシメに頼んだお茶漬けでした。

出汁ではなくお茶をかけたスタイルですが、刻み海苔がぶっ込まれているので旨味たっぷり!

そして何よりしっかりした焼鮭がデーンと乗っているではありませんか。
焼き鮭の旨味と塩気と香ばしさが溶け込んで、これまた格別の美味さです。

そして脇に添えられたワサビを溶かすともう至福の美味さ!
ワサビ合うなあ!
本当に理想的なお茶漬けです。

大黒 店舗情報

食べログ → 大黒

タグ: ,

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ大阪府の人気記事

コメントを残す