ブーランジェリー ブルディガラ 大阪店でパン・オ・ショコラ

2020年3月夜、大阪市北区梅田のパン屋「ブーランジェリー ブルディガラ 大阪店」に行ってきました。

お店は、大阪駅から徒歩5分、北新地駅から徒歩5分ほどの立地です。ハービスプラザB2Fです。
駐車場は、ハービスの駐車場が一定以上お買い上げで無料になります。

パン・オ・ショコラ 248円 3.5

クロワッサンも気になりましたが、一番人気と書かれていたパンオショコラを買ってみました。

ベースとなるクロワッサン生地はパリッと仕上がっていて良い感じですね。
ものすごく特別感がある感じでもありませんが、すごくしっかりしたサクサク生地です。

中にはチョコレートが入っていますが、やや少なめかなという印象でした。
好みもあるとは思いますが、個人的にはもう少しだけ欲しいところ。

アールグレイ・ブラン 313円 3.8

紅茶葉を練り込んだ生地に、オレンジピールとホワイトチョコが散らされています。

生地自体は周りがカリッと仕上がっていて、中はむっちり詰まっている感があって、パサツキもなく良い生地です。思いがけず周りが結構カリッとしているのが非常に良かった。

ホワイトチョコが生地に溶け込んでいる感じで、パンにホワイトチョコはやはり鉄板ですね。

紅茶の香り、オレンジピールの爽やかさ、ホワイトチョコの濃厚な味わいが、三位一体となり素晴らしい風味です。これ美味いわ!

アクアパッツァ 302円 3.4

三日月型のハードな生地に、オリーブやトマトなどが詰まっています。
生地自体はハード系ですが、周りは適度に硬い感じでトーストしなくてもまあそのままいただけます。内側は極端にパサツクことなくなかなかですね。

オリーブとトマトですから、味のバランスとしては素晴らしく鉄板のはずですが、どうもあと一歩なにか味が足りない印象でした。
アンチョビとオリーブ油などをガッツリ効かせて欲しいような印象でした。

クレセントロール 173円 3.4

三日月型の塩パンなのかな。これは生地が結構平凡でした。

詰まっている感のある生地で、しっとりでもないけど、ぎりぎりパサツキはない感じでした。
周りは薄皮なハード系な感じで、特にカリッとはしていません。

何というか、特に感想がない感じのパンでした。
上に塩が振りかけられていて、塩気はなかなか良い感じにありました。

ブーランジェリー ブルディガラ 大阪店 店舗情報

食べログ → ブーランジェリー ブルディガラ 大阪店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ大阪府の人気記事

コメントを残す