魚の店つづき@高知市でカツオのタタキと清水鯖の刺身

2013年1月17日夜、高知で魚が美味しいと噂のお店に行ってきました。
あの伝説のがっかりスポットであるはりまや橋の近くにお店はあります。

階段を登って2階がお店です。
なんだか一見さんには入りにくい雰囲気の扉ですが、迷わずGO!

カウンター席に座ると、目の前に大将が立ち、魚介類が目の前に並びます。

まずは、お通しと醤油が出てきます。

なんとメニューも値段もなく、大将におすすめを聞いて注文しました。
メニューがないので、大将に聞きますが、酔っ払っているの?という感じのユニークな方でした。

なんかよくわからないですが、刺身類とドリンクしか無いようです。

内訳は謎ですが、下記の3品の注文と、ソフトドリンク1杯、お通しで3700円でした。

多分、刺身類が1皿1000円、ソフトドリンクが400円、お通しが300円位かなという感じです。
お値段の分からない店ということで怖いですが、意外とリーズナブルでした。

かつお 1000円 4.5

高知といえばやっぱりカツオです。タタキもいいけど、まずは刺し身から。

なんというか、とんでもない旨さです。こんなうまい鰹食べたことないです。
高知の他のどの店で食べた鰹より頭ひとつ抜けていました。

この日仕入れた鰹がたまたま良かったのか?このお店の目利きがすごいのか?
定かではありませんが、他店で食べた鰹とは全然違いました。

なんというか、もう歯ざわりが違う。
もっちりねっとりとしていて、今まで食べたことがない美味しさでした。

かつおのタタキ 1000円 4.5

刺し身もいいけど、タタキもまた格別ですね。

炙ってまだ暖かさが残る状態で出てきます。
こちらもモッチリしていてうまいわあ。

清水鯖 1000円 4.5

鰹以外で何かおすすめのものがあると聞くと清水サバを勧められました。
足摺岬の方にある高知県土佐清水市で取れる鯖だそうです。

鯖の味噌煮や、塩さばなど熱を通した鯖は好きですが、100円寿司で激クサしめ鯖を食べてからサバの刺身には抵抗がありました。

しかし、この清水サバの刺し身は、全く臭みがない。
あのジワーっと染み出す臭みのある脂が全く出てこない。

臭みのないプリプリとした新鮮な身で、最高に美味しいです。
カツオ目当てでしたが、この清水サバも最高でした。

他にもチャンバラ貝などもおすすめのようでしたが、時間が遅いのと、あまりお腹が減っていなかったので、これだけにしました。

魚の店 つづき 店舗情報

食べログ → 魚の店 つづき

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ高知県の人気記事

コメントを残す