川魚の西友 本店@高島市で「ひつまむし膳」

2013年8月夕方、滋賀県高島市の鰻屋「川魚の西友 本店」に行ってきました。

お店は、近江今津駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場はお店の横にあります。

ひつまむし膳 一人桶 2625円 3.3

メニューで見ると、うな重は1800円ほどの竹で半尾分とショボいので、ひつまぶしにしました。
ひつまむしも2000円ほどで半尾分ですが、切れている分しょぼさを感じないです。
しかし、単品でよかったのに、何を思ったか、ひつまむし膳2625円にしてしまいました。

ひつまむし膳は、川魚の酢の物や骨せんべいなど色々付いていますが、
2625円と鰻半尾にしてはお高めです。

待っている間、大豆と小エビのつまみのようなものが出てきました。

さて出てきたひつまぶしですが、サイズはそこそこです。
でかめのうなぎ半尾ですが、ひつまぶしなら十分な量です。

蒸していない関西風の焼きのうなぎで定型的なひつまぶしですね。
香ばしくパリッと焼けていてなかなかです。薬味を入れるとこれまた格別の味わい。

いろいろ付いてくるサイドメニューは要らなかったなあ。可もなく不可もなくという感じです。
単品のほうが色々とコスパに優れます。膳じゃなく単品の方がよかったかな。
なかなかの美味さでしたが、鰻半尾で2600円はちと高いなあ。

さて、このお店、うな茶漬けというのが有名なようで、店内の売店で買って帰りました。
うなぎの佃煮のようなもので、ご飯に乗せてお茶をかけて食べるようです。

数切れご飯の上に乗せて、ワサビを添えてお湯をかければ、うな茶漬けの出来上がり。
うなぎが甘辛いしぐれ煮のようになっていて、粒で入っている山椒が良いアクセント!
これは非常においしいですよ。

個人的に、お茶漬けにするひつまぶしの3杯目はあまり好きでないのです。
うなぎの香ばしさと味が薄れてしまうからです。
しかし、このうな茶漬けは、濃い味付けのため、お茶やお湯をかけてもおいしい。
これお土産にいいなあ。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ滋賀県の人気記事

コメントを残す