あつた蓬莱軒 本店@名古屋市熱田区で「ひつまぶし」

2012年12月昼、名古屋市熱田区の「あつた蓬莱軒 本店」に行ってきました。

こちらのお店、「ひつまぶし」の商標を持っているお店であります。

お店は、伝馬町駅から徒歩8分ほどの立地です。熱田神宮からもほど近い立地です。
駐車場はお店の隣に隣接してあります。

昼時となると大変な混み具合で、かなり待ちました。

ひつまぶし 3100円 4.0

メニューは色々有りますが、まあ普通に考えて、ひつまぶし以外あり得ないんだよなあ。
当然ひつまぶしを注文しました。

器はなかなかのサイズですね。薬味もたっぷりです。
漬物と吸い物も付いて過不足なしです。

蓋をオープン!おお、結構たっぷり鰻が入っている!1尾分あるんじゃないのこれ。
そこそこのお値段がしますが、この鰻のボリュームは嬉しい。
ひつまぶしだと量がごまかせるので、鰻が少ないところがあるんですよね。
3000円とかで平気で半尾分とかあるもんなあ。

ひつまぶしの食べ方は、まず1杯目は普通に頂きます。
何というかこれで十分すぎるほど美味しいんだよなあ。

関西風の焼きで蒸さずにパリっとした鰻は、関東風のふんわり鰻とはまた違った美味しさ。
この細かく切れているスタイルとパリッとした焼きが本当に合うなあ。
気を抜いたら、このまま全部食べちゃいそうになりました。

2杯は薬味をトッピングしていただきます。
きざみ海苔、万能ネギ、山葵をトッピングして混ぜて、いざかきこめ!

うまーーーい!うまいぞーーーー!!
なんじゃこれは美味すぎる。

恥ずかしながら、ワタクシこの時初めてひつまぶしを食べたのです。
薬味、特にワサビでタレで焼いたうなぎを食べるのも初めてでした。
鰻のタレとわさびがこんなに合うとは思いませんでした。
薬味と、甘辛のうなぎのタレと、パリっと焼かれた鰻が合わさり驚きのハーモニーです。
これはやばいですわ。

3杯目は、薬味を加えたものに、さらにダシをかけてお茶漬け風に頂きます。
うーむ、これまた違った味わいで美味い。

まあ、美味いは美味いですが、1杯目と2杯目には敵わずですね。
特に2杯目の薬味投入が美味すぎたので霞んでしまいます。

とはいえ、さらっと食べられるので、途中の箸休めにはもってこいです。
口をリセットして、4杯目は再び薬味投入でいただきました。

いやはや、初めてのひつまぶしでしたが、本当に美味しくて驚きました。
この後、中京圏で何件もひつまぶしを食べましたが、あつた蓬莱軒はトップクラスでしたね。

メニューです。 クリックで拡大します。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ愛知県の人気記事

コメントを残す