かどや@檜枝岐村で蕎麦「裁ちそば」と「はっとう」

2014年9月夕方、福島県檜枝岐村の蕎麦屋「かどや」に行ってきました。

お店は、鉄道駅から遠く離れているため、車でのアクセスになります。
駐車場は、十字路を挟んだ斜め向かいにあります。

入り口を入ると、またドアがあり不安になるものの、左手のドアを開けて入りました。
店内は数卓で、こじんまりとしています。

そば定食 1300円 3.5

裁ちそばと、はっとう3点、山菜2点がついた定食を注文しました。
お値段は少々お高めですが、はるばる檜枝岐に来たら両方食べたいところですからね。

裁ち蕎麦は、そば粉100%を熱湯と水でこねた生地を薄く伸ばして重ねて断った蕎麦です。
コシも、ザラザラしたのどごしも良いですね。蕎麦の香りもわずかに感じます。

裁ちそばなので、薄く伸ばして切ってあるので平べったいものの、コシはしっかりあります。
コシはしっかりあるものの平たいので、食感は独特といえば独特かな。

しかし、ワッパに入っている所為か、量は結構あるように思います。
普通のもりそばより多いのではないだろうか。つけ麺150g位あるような気がします。
普通もりそばは100グラム少々くらいではないだろうか。

汁は普通の鰹醤油系の味の辛汁で一般的ですね。必要十分な味です。
薬味はわさびとネギに、塩味のシソ?がついてきます。
そば湯はドロっと濁っていて良いね。

はっとうは、蕎麦粉ともち米で作るので、完全な餅ほど粘りはないものの、もちもちしています。
かどやの「はっとう」は割と白っぽい気がしました。

味は相変わらず蕎麦感はなく、ごま餅といった感じの味ですね。
砂藤塩黒ゴマの味付けで美味くないわけがないんだよなあ。

山菜が2品の味付けがよくとても美味しかったですね。
檜枝岐はどこも付け合せの山菜の料理の味付けが美味いなあ。

最後にサービス?で出た冬瓜も美味かった。
ごま油が効いた絶妙な味付けで相当うまい。これが一番うまかったかも。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ福島県の人気記事

コメントを残す