森嘉@京都市 嵯峨嵐山で白豆腐や擬製豆腐を買って、飛龍頭を食べ歩き

2013年11月昼、京都市の嵯峨嵐山の豆腐屋「森嘉」に行ってきました。

お店は、嵯峨嵐山駅から徒歩10分ほどの立地です。清凉寺の門前に店を構えます。
駐車場は4台分あるそうですが、徒歩で行ったので、どこなのかチェックしていませんでした。

メニューです。 クリックで拡大します。

基本的に持ち帰り用ですが、油あげと飛龍頭は食べ歩きも出来ます。
白豆腐や擬製豆腐などをお土産に購入して、今回は飛龍頭の食べ歩きです。

飛龍頭 -ひろうす- 200円 3.4

以前食べ歩きで油あげを食べたことがあったので、今回は飛龍頭です。
油揚げはまあ普通でしたので、食べ歩きでは飛龍頭を注文する人が圧倒的に多いです。

食べやすいように紙の袋に入れてくれ、伯方の塩も付いてきます。
塩を振っていただきましょう。

揚げたてのアツアツという感じではないですが、ほのかに暖かく美味しいです。
飛龍頭とは関東でいうところのガンモドキですね。

人参、牛蒡、胡麻などが入りますが、何といっても中心に入っている大きな百合根が特徴的!
ホクホクした大きなゆり根がイイわーー!

派手な味ではありませんが、小腹が空いた時の食べ歩きには最適です。

おみやげには、白豆腐、擬製豆腐、焼豆腐、厚揚げを購入しました。
森嘉は、湯豆腐に最適な崩れない、絹越しの様な木綿豆腐の白豆腐で有名ですね。
割り下をギュッと吸い込むスキヤキに最適な焼豆腐も個人的に好きです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ京都府の人気記事

コメントを残す