香醤@盛岡市で「盛岡じゃじゃ麺」

2013年5月夜遅く、盛岡市の香醤にじゃじゃ麺を食べに行きました。
夜遅くまでやっているのがありがたい。

盛岡を代表する麺といえば、わんこそば、盛岡冷麺、じゃじゃ麺が有名ですが、
じゃじゃ麺は初めて食べます。事前情報もない状態でよくわからない。

盛岡駅からは1キロ弱離れていますが、繁華街の中心にあります。
駐車場はなさそうです。

じゃじゃ麺(中) 500円 2.5

メニューは「じゃじゃ麺」オンリーです。
小400円、中500円、第650円くらいだった気がします。
じゃじゃ麺(中)を注文しました。

ほどなく出てまいりました。
ほー、温かい平打の麺にきゅうりが乗って、肉味噌がかかっていますね。
これがじゃじゃ麺か。これをまぜて食べるようです。

で、食べてみたのですが、なんとも言えない味です。

なんというか肉味噌にあまり旨味がない。なんか味噌というよりごまっぽい。
味噌っぽい旨味とコクが無く、肉の旨味もあまり感じられない。
ごま??成分が強いのか、あまり味噌っぽい味がしない感じです。

あと根本的に塩分濃度も足りていない感じ。
味噌自体は結構しょっぱいが、麺に絡ませるとなぜか塩気が足りないです。

テーブルの上にいろいろ調味料があって、これで味を調整して食べるようです。

まあ、この後何件か食べ歩いて分かったのですが、
盛岡のじゃじゃ麺はそもそもこんなものらしいです。

地元の人でも好き嫌いがはっきり分かれるそうな。
安くお腹いっぱいにできるので学生なんかに人気のあるソウルフードみたいですな。

で、じゃじゃ麺のは食べ終わった後に、チータンというスープを頂きます。
このお店では50円でした。

カゴに入っている卵を食べ終わった肉味噌の残るお皿に割り、
チータンを頼むとお湯を入れてくれます。
足りなければ肉味噌を足して、まぜてスープにして食べます。

チータンタンは調味料で味を調えたのでそこそこうまかったです。

なるほど、じゃじゃ麺はこのようにして2度楽しめるわけですな。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

岩手県の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す