みはし@日光でステーキと日光まいたけ鉄板焼き&天ぷら

2015年12月夜、日光の「みはし」に行ってきました。

お店は、東武日光駅から徒歩20分ほどの立地です。金谷ホテルの入り口のところですね。
駐車場は、お店の建物の裏にあります。

まいたけの鉄板焼き ハーフ 648円 3.8

ステーキや肉料理のお店ですが、「日光まいたけ」というのも美味しいそうです。
みはしを経営する明治の館グループの日光きのこ園で栽培される日光まいたけは、
鉄板焼きや天ぷらやフライなどでいただけます。

おすすめを聞くと鉄板焼きだというのでハーフで注文しました。
ハーフでも1人前としては十分なボリュームでした。
が、美味すぎたのでもっと食べたかった・・・
肉厚の舞茸を、瑞々しくふっくら良い塩梅で焼き上げてあり、醤油ダレの味付けもGOOD!

まいたけの天ぷら ハーフ 648円 3.9

一方こちらは天ぷら。こちらもハーフで注文しました。
衣はカラッと揚がっていて、中の舞茸もふっくら瑞々しく大変うまい!

シンプルに塩でいただくのが一番うまいですが、奥の舞茸ソースで頂くのもまた良い!
舞茸をペースト状にして生クリームと合わせたような味で、実に美味い。
このソース、舞茸の旨味がぎゅっと詰まっていて濃厚で、豚肉とかにも合うだろうなあ。

ステーキ 国産霜降り黒毛牛 サーロイン 150g 4104円 3.9

そして肝心の肉料理は、ステーキメニューの中からサーロインの150グラムにしました。
サラダとライスorパンが付きます。まずはサラダが出てきます。

そしてライスとステーキが登場!その場でソースを掛けてくれます。
ステーキは、ランプ、テンダーロイン(ヒレ)、サーロイン、リブロースがあります。
ランプはまあ一番しょぼいのが目に見えているので、無難にサーロインにしました。
ヒレも気になるけど、まだ脂のあるお肉が気になるお年ごろ。
一方、リブロースは流石に脂がのり過ぎかと思い却下。薄切りならリブロース最高だけどね。

今回はサーロインとして一番小さい150グラムにしましたが、鉄板いっぱいの面積です。
これグラムによって厚みが変わるタイプですね。
肉の塊から切り出すのにこの方が無駄が無いですからね。

しかしそうなってくると、一番グラム数が少ないのを頼むと必然的に薄くなります。
ということで今回のステーキも少々薄めです。

薄めではあるんですけど、絶妙な焼き加減なのは流石ですね。
ミディアムで注文しましたが、ミディアムレアな感じで最高の焼き具合です。
熱い鉄板に乗ってやってきて、ソースを掛けてしばらく油はねが収まるまで待ったのに、この絶妙な火の通り方です。素晴らしい!!

蕩けるように柔らかいというほどの肉ではありませんが、柔らかく簡単に噛み切れます。
脂ののりは思ったよりも良く、結構な霜降りのお肉ですねこれは。
でも脂がギトギトのしつこい肉ではなく個人的に調度良い感じでした。

超高級というわけではなく、普段食べるような安いステーキよりはお高めなステーキですが、少し高い値段出すだけの価値はあると思いました。
個人的には、焼肉やしゃぶしゃぶ等と違って、ステーキはバリバリ赤身でも美味しく食べられるので、安いステーキばかり食べてきましたが、まともなステーキ食べるとやはり美味いですね。
チョット良いステーキにも興味が出てきました。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

みはし 店舗情報

食べログ → みはし

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ栃木県日光市の人気記事

コメントを残す