ちよだ@甲府市で冷たいほうとうの「おざら」

2014年4月夜、甲府駅近くで「ほうとう」や「おざら」が食べられる「ちよだ」に行きました。

おざらは冷たいほうとうです。
「ほうとう」というと味噌で野菜と煮こまれたものが普通ですが、
「おざら」は冷たく締めた「ほうとう」をつけ汁につけて食べます。

おざらは元々山梨の郷土料理でしたが、
このお店が「ほうとう」を「おざら」に使い始めたことから、
今では冷たいほうとうとして広まったとか何とか。

甲府駅から徒歩3,4分の好立地です。

駅近なので駐車場ないようです。車の方はコインパーキングですね。

おざら 720円 3.3

これが目的でやって来ました。
太く平たいほうとうの麺が冷やされて、さるうどんのように盛られています。
これを温かいつゆにつけて食べる。

味噌煮込みスタイルの「ほうとう」の冷たいバージョンかと思っていましたが、
味自体ぜんぜん違うんですね。

つけ汁は、鰹出汁の醤油味で、典型的な関東風のうどんや蕎麦ののつけ汁。
ネギや油揚げ鶏挽き肉や大葉などが入っています。

ただ、「ほうとう」というと具だくさんなのを期待しがちですので、
「おざら」の具の少なさには少々面食らいます。

暑い時でもさらっと食べられて、たしかに美味しいですが、
ほうとうのようにガッツリ食べたいときに食べるものではないですね。
うどんを食べる感覚でさらっと食べる食べ物です。

メニューは下に掲載したもの以外にも一品料理などが店内に貼られていて、
夜は居酒屋として利用しているサラリーマンなどがほとんどでした。
で、皆しめに「おざら」を食べていました。

麺が温かい「ゆもり」もあります。つけ麺でいうところの「あつもり」ですね。

もつ煮 610円 3.8

「おざら」だけでは少々物足りなかったので、一品料理も注文しました。
一番のおすすめを聞くと、もつ煮がよく出るとのことなので注文しました。

モツが柔らかく煮られていて、非常に美味しいです。味付けも甘めで非常に美味しい。

もつ煮はピリ辛の味付けが多いですが、こちらのはかなり甘めの味付けです。
何かに似ていると思ったら、
肉じゃがの汁に鷹の爪を多めに投入して辛さを加えたような味です。

いや本当にこれは美味しかったです。

メニューです。

メニューの続きです。

メニューの続きです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

山梨県の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す