加藤米菓本店@佐野市で天明焼き(煎餅)を各種買ってみた

2016年4月午後、栃木県佐野市の煎餅屋「加藤米菓本店」に行ってきました。
近くにある加藤米菓(富) 久保町店とは全く違うお店です。

お店は、佐野駅から徒歩8分ほどの立地です。
駐車場は、目の前の道路を挟んだ向かい側と、家1軒挟んだ左隣にあります。

天明焼き 400円 3.4

バラで各種1枚から売られていて、お土産や贈り物用に詰め合わせなどもありましたが、
何種類か入った簡単な包装の商品を購入しました。

全部で7枚入っていましたが、重なっているものもあったので種類は5種類です。
左奥から時計回りに、海苔鏡、青海苔、唐辛子、ごま、天明焼き。

まずは基本のプレーンの天明焼きを食べてみましたが、一般的にいうところの薄焼き煎餅くらいの厚みなのに、しっかり厚焼きの煎餅のような歯応えがあるお煎餅でした。
薄焼きせんべいというと軽い歯ざわりでパリッという感じを想像しますが、薄いのにバリッジャクというシッカリした噛みごたえがあるのです。非常に独特な感じで珍しさを感じました。
醤油味は薄めで優しい味になっていてジャマ無く歯ざわりを楽しめます。

海苔鏡はノーマルの両面に海苔が付いたものですが、ノーマルが繊細な歯ざわりで醤油味も優しく薄めなので、海苔が目立ちすぎてノーマルの良さが消えがちですね。

青海苔は、ノーマルの生地に青海苔が練りこまれたものです。
青海苔の風味がしっかりありますが、ノーマルの良さが消えていないですね。

唐辛子はノーマルの表面に一味辛子が振ってあります。味や食感はノーマルと同じですが、なかなかに辛いです。

ごまは、元々の醤油味が薄めの味付けなので、胡麻の濃い風味が全面に出てきて美味いです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ栃木県佐野市の人気記事

コメントを残す