魚処やつはし@富山市で居酒屋飯「ブリの刺身やゲンゲ唐揚げ」

2016年11月夜、富山市の海鮮居酒屋「魚処やつはし」に行ってきました。

お店は、富山駅南口から徒歩10分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

刺身 フクラギ 850円 3.5

評判の良い富山の海鮮が食べられる居酒屋にハズレ無し!富山の海の幸を色々注文します。
まずは定番のフクラギの刺身から。まだ寒ブリの時期ではありませんが、フクラギは最盛期。

割りと腹側の部分が多く脂ののりはフクラギというよりブリと言っても違和感ない感じでした。
若いフクラギならではのハリがありブリンとした身でありながら、脂ののりもそこそこで良い!

この日は昼にきときと寿し氷見本店で驚異的に瑞々しいフクラギを食べてきたので、瑞々しさや鮮度では相対的に劣るかなと思いましたが、よく考えたら一般的な尺度ではこれでも十分過ぎだった。

焼物 ハチメ 850円 3.4

ノドグロは時価となっていて怖いのと、前日や今日の昼にも散々食べたので却下!
リーズナブルなハチメにしました。要はメバルですね。
ノドグロに似たお姿ですが、同じ白身でもこちらは淡白な味わい。

脂の圧倒的な旨味ではノドグロに全く敵わないですね。
ただ、ノドグロほどの高級魚と比べなければ、普通に淡白な白身魚の塩焼きで美味いです。

ゲンゲ唐揚げ 800円 3.9

私の富山の海の幸の定番ゲンゲの唐揚げです。富山に来るとあれば必ず頼みます。
個人的には寒ブリの刺身に匹敵するくらい気に入っているメニューです。

こちらのゲンゲはかなり大ぶりなものを使っていて、頭側の太い身の部分と、尾側の細い部分に切り分けられて揚げてあります。
尾側はよく富山の海鮮居酒屋で見かけるゲンゲの唐揚げで、衣はライトにサクっと、中のゲンゲの身はフワフワに仕上がっていて、やはり美味い!

圧巻は太い切り身の部分で、ここまで身の厚いゲンゲの唐揚げは初めてでした。身がフワッフワのトロトロに仕上がっていて、こんなに素晴らしい白身があるのかという感じです。

煮物 大アカガレイ 850円 3.5

大アカガレイの煮物は半身だということでしたが、そもそも1尾がデカい!
半身でも大皿を埋めるサイズでした。割りとポソッとしがちなカレイの身ですが、なかなか良いカレイだからなのか煮られているからか、割りとしっとりしていました。

優しい味付けの少し甘みもある醤油味で煮込まれていますが、濃い煮付けとは違って比較的薄味に仕上がっているので上品で良いです。

卵巣に切れ目を入れクリンとひっくり返したような卵も味が染みていて美味かったです。
同じ煮汁で煮られた青菜やナスも美味い!

タラ白子天ぷら 900円 3.5

個人的には生の白子ってあまり好きではないんですが、天ぷらは美味いですね。
生のトロっと感はなくなりますが、クセはなくなり少し固くなったプルプルの白子と、サクサクの衣のハーモニーが素晴らしい!
天ぷらの衣も薄過ぎず厚過ぎず、サクッと良い感じです。

カウンター席で落ち着かず、それほど品数を食べませんでしたが、どれもなかなかのクオリティでした。飛び抜けたものや感動レベルのものはありませんでしたが、全体的に無難に満足できる富山クオリティの海鮮で、何を頼んでも後悔のないクオリティで良かった。

魚処やつはし 店舗情報

食べログ → 魚処やつはし

タグ: ,

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ富山県の人気記事

コメントを残す