「西町大喜 富山駅前店」で富山ブラックラーメン

2016年11月夜、富山市のラーメン屋「西町大喜 富山駅前店」に行ってきました。
富山ブラック発祥のお店の支店らしいですが、現在は経営主体が変わったという噂も。

お店は、富山駅から徒歩4分ほどの立地です。
駐車場は、1台分有りとなっていましたが、お店の前のスペースかな?

中華そば 小(並) 750円 3.0

中華そばは、小で1玉、大で1.5玉、特大2玉です。まあ小でいいでしょう。
注文からほどなくしてやって来たラーメンは、富山ブラックの名に恥じない真っ黒なスープ!
澄んだスープなのですが恐ろしく黒い。醤油スープというより醤油に麺を浸した感じです。

レンゲが付いてこないので違和感がありましたが、すぐにその理由を思い知りました。
スープを飲んで驚き!超しょっぱーーーーい!!
焼豚を浸しておいて煮込む醤油ダレですよこれは。
焼豚を作るための醤油ダレがそのままスープになっています。

スープは飲めたものではないので麺をすすりますが、麺にも黒い色が付いてしまっているくらいです。
結構太めの中太麺は、中心が固く茹でられていてワシワシと歯応えがあり、強烈なスープに対抗できるパンチが有り、なかなかに美味い麺ですが、いかんせんしょっぱすぎる。

トッピングは焼豚、ネギ、メンマがたっぷり入っていて大サービスですが、これまた塩辛いのでたくさん食べるのが辛い。
特にメンマの塩辛さは常軌を逸したレベルで病気になりそうな塩辛さでした。

なるほど生卵を投入したり、セットでライスを頼む人が多いわけだ納得です。
健康を考えたら、いや考えなくても日常的に定期的に食べるようなラーメンじゃないですが、富山ブラックの元祖を知るために一度は訪れておきたいお店です。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ富山県の人気記事

コメントを残す