郷土料理みかど@高山市でA-5ランクの飛騨牛ステーキ定食

2016年11月夜、岐阜県高山市の飛騨牛料理屋「郷土料理 みかど」に行ってきました。

お店は、高山駅から徒歩6分ほどの立地です。
駐車場は、お店からは1本駅寄りの路地を入ったところの駐車場内にあります。分かりにくいのでお店の人に聞いたほうが良いかも。

飛騨牛ステーキ定食 3240円 3.9

飛騨牛陶板焼きや飛騨牛朴葉みそ焼きなどは比較的リーズナブルに楽しめますが、せっかくなので1日10食限定の飛騨牛ステーキ定食にしました。

陶板焼きプレートに乗って出てきて自分で好みに焼くタイプなので注意して焼かないと。
ステーキで分厚いので大丈夫でしょうけど、陶板焼きの方の薄い肉だと気をつけないと焼き過ぎで台無しになりますからね。

ご飯、味噌汁に小鉢が3つも付くなかなか豪勢な定食です。
小鉢は手前から、醤油味のモヤシ炒め、切干し大根、さつまいも輪切りの醤油煮でした。

中央の小皿には、おろしダレと粗塩が盛られていて、好きな方でステーキを食べます。
おろしダレもしょっぱすぎず上品な味でしたが、せっかくのブランド牛ですので塩に限るでしょう。

リーズナブルに楽しめるブランド牛のステーキとはいえ3000円ですので100グラムと僅かです。
しかし、出てきたものを見て100グラムってこんなにあったっけと感じました。
腹一杯になる感じでもないのですが、脂っぽいし十分満足できそうな量なのです。

早速焼いていきます。良い肉はやはりミディアムレアくらいが良いですよね。
陶板焼きプレートの場所によって火力が違うので慎重に移しながら焼いていきます。

表面殺菌するくらいでいただくのが最高ですね。霜降りのお肉ですのでウェルダンに焼いても固くなることはないと思いますが、やはりミディアムレアくらいに留めるのが良い。

さて肝心のお味ですが、まあ文句の付けようがないくらい美味いですよそりゃ。
A-5ランクの飛騨牛ということで、もはやこんなに脂が無くてもいいよというほどでした。
脂が好きじゃないヒレなどの赤身派の人にはむしろ不評かもね。
とにかく最上級の霜降りのお肉のステーキで、多くを語る必要もありません。

今まで食べてきた飛騨牛同様に、比較的さっぱりした味わいが特徴ですね。
あまり肉に味がないということもできるかもしれませんが、肉臭さがなくサッパリとした味わいで、脂も比較的サッパリスッキリしているのでしつこくありません。柔らか霜降り肉が食べたいけど味の濃い肉肉しい味は嫌だという方には飛騨牛が向いていますね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

岐阜県の人気記事

まだデータがありません。

関連ページ by google

コメントを残す