中央食堂@新潟市中央卸売市場で天然ぶり定食

2016年11月朝、新潟市の新潟市中央卸売市場内の「中央食堂」に行ってきました。

お店は、亀田駅から徒歩30分ほどの立地です。
駐車場は、市場の駐車場が相当数用意されています。

市場は広くお店の位置が分かりにくいですが、市場の中央付近にある上の写真の建物に入ると、中ほどに中央食堂があります。

一般客は朝の8時から入れますので、朝食にもってこい。
観光客やサラリーマンなども利用しています。

天然ぶり定食 930円 3.4

海鮮丼が人気らしいですが、各種定食も充実していて迷ってしまいます。
今回はなんとなくブリの刺身がメインの天然ブリ定食にしました。
寒ブリの季節が近いですからね。

1000円以下の定食ですが、ブリの刺身がこれでもかと出てきます。
量で考えると驚きのコスパです。

定食内容は、御飯、味噌汁、漬物、小鉢が2つです。
小鉢は、昆布のきんぴら、ポテトサラダでした。

さてさてメインのブリの刺身ですが、すごい量でインパクト大です!
一般的なブリの刺身16切れくらいに相当するのではないでしょうか。

これ16切れに切れているように見えますが、真ん中にスリットが入った極厚の切り方で8切れですからね。一切れが厚さ2センチ位あるブロック状です。
なんというかもう豪快で凄いです。凄い厚みでモッチリとした食感のブリの刺身を堪能できますが、なんか豪快な盛りすぎて希少性がない。
1切れ1センチ位の厚さの刺身を10切れくらい上品に並べたほうが満足度高そうです。
実際にはすごく贅沢な食べ方してるんですが、量が多いのとブリ1種類だけなので後半飽きる。

ちなみにブリの刺身の質は並ですね。際立った新鮮さはないですが、乾きなどもなく悪くない。
寒ブリが近い時期ですが、脂ののりはそれほどでもなく、割りとスッキリな味わいです。
ただ、食感はもっちりしていてなかなか良いです。
瑞々しさあふれる超クオリティの日本海のそばで食べる寒ブリというのを期待してはいけませんが、市場食堂らしい豪快で安くそこそこのクオリティのブリが楽しめる定食でした。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ新潟県の人気記事

コメントを残す