そば処 長岡小嶋屋 本店@長岡市で蕎麦「へぎそば」

2016年11月夜、新潟県長岡市の蕎麦屋「そば処 長岡小嶋屋 本店」に行ってきました。

お店は、長岡駅から徒歩6分ほどの立地です。
駐車場は、お店の裏にあります。

へぎそば 854円 3.3

天ぷら付きなど色々ありますが、お腹もそれほど減っていなかったので、普通のへぎそばに。
まあいわゆるところの盛り蕎麦ですね。木の器「へぎ」に盛られているので特徴的ですね。
横に添えられた竹の器には、ネギ、おろし、わさびの薬味が盛られています。

辛汁は、鰹出汁がしっかり香り主張して、カエシの醤油感は控えめで、個人的に好きです。

さて、この越後のへぎそばの最大の特徴は、へぎへの盛り方ではなく、つなぎに海藻の布海苔を使用しているということです。
これが独特の喉越しと弾力を生みます。
コシが蕎麦粉や小麦粉のコシとは少し異なり、寒天のようなブリンブリンの歯応えです。
このあたりは海藻をつなぎに使っている所以なのでしょう。
表面も蕎麦らしいザラっとした感じも残っていますが、どちらかと言うとツルッとしています。
あと、布海苔のつなぎの所為か新蕎麦の時期ではあるものの蕎麦の香りはあまり感じません。

独特な弾力の蕎麦で非常に特徴的で素晴らしいのですが、単純に蕎麦として美味いかと問われると微妙ですね。蕎麦とは全く異なる「へぎそば」という名物だと考えると非常に良いです。

蕎麦湯は白濁してわずかにトロッとしたものですが、比較的シャバシャバです。
無理に蕎麦粉を足してドーピングした感じではありません。
なんか微かにヌルっとした気がするのですが、これはつなぎに海藻を使っているからなのかな?気のせいか・・・

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ新潟県の人気記事

コメントを残す