京都市東山区の祇園四条の壹銭洋食に行ってきた

2012年11月午後、京都の四条河原町の壹銭洋食に行ってきました。

阪急河原町駅から徒歩3分ほどの立地です。駐車場はなし。

入口横の店先で大量の壹銭洋食が焼かれていました。

席に着くもメニューを開くと、1品しかありません。
一品なのに妙に立派なメニューなのはちょっとした遊び心でしょうか。

こちらのお店は壹銭洋食のみのラインナップです。
何枚食べるかだけ店員さんに伝えます。

壹銭洋食 650円 3.5

ほどなく登場の壹銭洋食はお好み焼きを折りたたんだようなお姿です。

壹銭洋食は、昔駄菓子屋で1銭程度でおやつとして販売されていたもので、
出汁で溶いた小麦粉を薄く焼きネギなどを入れて、ソースをかけたものだそうです。
お好み焼きの原型のようですね。

こちらで今出されているものは、出汁で小麦粉を溶いて薄く焼いたものに、
九条葱や卵、天カス、味付きコンニャク、ちくわ、牛肉を乗せて包んだものです。

生地自体は薄く、卵を生地自体に混ぜ込まないので、
混ぜ焼きの関西のお好み焼きより、広島風お好み焼きに近いのでしょうか。
あ、でもソバも入っていないし、辛口のソースの味付けは関西風か・・・
キャベツでなくネギが入っていて、コンニャクも入っているからからネギ焼きか??

まあ、ともかくお好み焼きとはちょっと違う食べものなのです。
値段も手頃で美味しいので、人気なのもわかります。

あまりお腹が減っておらず、付き合いで入店したのですが、
ぺろっと食べてしまいました。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

京都府の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す