洋食の朝日@神戸市中央区で行列の洋食屋のビフカツ

2017年7月昼、神戸市中央区の行列の洋食屋「洋食の朝日」に行ってきました。

お店は、西元町駅から徒歩3分程度の立地です。
駐車場は、無さそうです。

平日の12時頃行ってみましたが、お店の前には20名超の行列が・・・
一度撤退して14時頃伺いましたが、未だに15名ほどの列でした。諦めて列びましたが30分ほどで入店できました。

ビフカツ 1480円 3.8

各種洋食のメニューが揃っていますが、洋食の朝日といえば何と言ってもビフカツが人気メニューです。迷いなくビフカツをオーダーしました。

ビーフで1500円程度なので小さめかなと思いましたが、150グラム位はあるんではないかという結構なサイズのビーフカツが出てきました。
キャベツ、水菜、人参などが刻まれたサラダが添えられて、パン粉を付けて焼いたマッシュポテトも添えられています。

また、ご飯と味噌汁も付いた定食になっています。ご飯はおかわりもできるそう。

ビフカツですが、断面を見てみると中心が赤いミディアムな仕上がりになっています。
見た目は美しく良い仕上がりですが、食べてみてもその柔らかさに驚きです!
何というか単にミディアムで良い熱の入れ方だから柔らかいというレベルではなく、噛むと解けるように肉が崩れます。値段的に良い牛肉を使うのは難しいでしょうから、おそらくエイジングでしょうね。言葉悪いですが腐りかけみたいな柔らかさです。

その柔らかお肉を包む衣は薄めで上品ながらサクッとしていて、お肉に食感を加えます。
なるほどこりゃたしかに美味いわ!名物になるだけあります。神戸のビフカツ舐めてました。

ソースはセロリなど香味野菜の効いたデミ系のソースなだと思いましたが、よく味わってみたら香味野菜とスパイスをしっかり効かせた意識高い系のウスターソースとケチャップを混ぜたものかもしれない。そこに若干の肉汁を加えた感じか。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ兵庫県の人気記事

コメントを残す