石原屋@南会津 大内宿で蕎麦「ねぎそば」

2017年9月夕方、福島県南会津郡下郷町(大内宿)の蕎麦屋「石原屋」に行ってきました。

お店は、鉄道駅から遠く離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、大内宿の有料観光駐車場に停めます。

ねぎそば 1026円 3.4

この辺りの名物としてネギ蕎麦があります。
大根おそろを添えた冷かけそばに、丸ごと1本の長ネギが付く独特のスタイルの蕎麦です。
なんとこの1本のネギを箸代わりにして、ネギで麺を掬って食べつつ、薬味代わりにネギもかじるという独特なものです。

典型的なネギソバのスタイルで、冷たい蕎麦に冷たいかけ汁の冷かけになっています。
関東風の黒っぽい醤油味でありながら、非常に薄く上品な汁になっています。
たぶん鰹昆布なのだと思いますが、かなり薄味なので関西のいりこだしの面影があります。
チョットあまりにも上品すぎる気がして、もう少しだけパンチが欲しい気もありましたが、まあこれはこれで良いのか。

大根おろし、鰹節、チチタケがトッピングされており、これらを絡めていただくとシンプルで超優しい味ながらなかなかのものです。まあそれでもネギを丸かじりでバリバリやりながら啜る蕎麦なので、ネギ自体のインパクトに圧倒されて味の印象が薄くなってしまうんですけどね。

以前、同じ大内宿の三澤屋で食べた時はネギで蕎麦を掬い難く、95%は箸で食べましたが、どういったわけか石原屋の蕎麦はネギで食べやすくほぼ全てネギで食べられました。
上手いこと端が曲がっているネギを使っているからかなと思いましたが、ネギをかじって真っすぐになっても食べやすかったので摩擦力の問題か?

蕎麦自体も冷水でキュッと締められてコシがあり、表面に適度なザラつきもあり良い蕎麦です。ただ、かけスタイルなので香りは強く感じることが出来ませんでした。まあ蕎麦自体の美味さを味わうというより、独特なスタイルのネギ蕎麦を味わうものですからね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ福島県の人気記事

コメントを残す