はりけんラーメン@つくば市で「鶏そば 塩」

2017年9月夕方、茨城県つくば市のラーメン屋「はりけんラーメン」に行ってきました。

お店は、鉄道駅から遠く離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の前にあります。

日曜日の開店直後に行って7割埋まっている感じでした。
入口入って正面の券売機で食券を購入して案内されたカウンター席に着きました。

鶏そば 塩 780円 3.6

中華そばが塩か醤油、鶏そばが塩か醤油、濃厚魚介豚骨、つけそば等があり、それぞれ亜種も含めるとかなりの種類があり迷います。
大人気と書かれていた鶏白担々そばも気になりましたが、初めてなのでオーソドックスに鶏そばの塩にしました。中華そばの方が清湯で、鶏そばの方が白湯な様です。
醤油もコクが合って美味いだろうけど鶏をダイレクトに味わうなら塩でしょ!

出てきて想像していた風貌とは一味違うのでビックリ!
黄色みがかって白濁したトロッと乳化したスープであるのは予想通りですが、マーブルに赤い香味油のようなものが広がっています。掬って飲んでみると海老油のようでした。赤いのはドライトマトを使っているという噂も聞きましたが、まるで海老油のような味わいに感じました。

単純に鶏白湯自体が非常に良く出来ていて、比較的深く乳化して濃厚にトロッと仕上がってはいますが、しつこくデロデロであったり脂肪分がダマになったりするようなこともなく、後味スッキリに濃厚さを味わえます。
底の方には粉々になった肉の粒子も浮遊していて、鶏丸ごとの旨味をギュッと閉じ込めてあります。

これだけでも美味いですが、ここに海老?トマト?の風味がプラスされることにより、さらに深い味を作り出しています。
あくまで主役は鶏の旨味で、その他のの風味をプラスすることにより、上品な旨味に仕上がっています。

麺は中太ストレート麺を少し固めに茹でてあるもので、最初少し太すぎるかなと思いましたが、慣れればスープによく合っていました。

具は、軟骨で食感にアクセントを付け山椒で風味にアクセントを加えた鶏団子、トロトロ柔らかなバラチャーシュー、穂先っぽいもののしっかり歯ごたえがあるメンマ、バゲットです。
バゲットが面白いですが、鶏とエビのスープを吸って柔らかくなったところが最高に美味いです。ちょっと洋風チックな面もあるスープによく合っていますね。
その他、みじん切りになったタマネギや青菜が散らされていて味と食感のアクセントになっています。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ茨城県つくば市の人気記事

コメントを残す