喜元門 研究学園駅前店@つくば市でラーメン「煮干強者 塩」

2017年9月夜、茨城県つくば市のラーメン屋「喜元門 研究学園駅前店」に行ってきました。

お店は、研究学園駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

日曜夜20時台でしたが、外の椅子に数名列びありでした。
入口入って左手の券売機で食券を購入して、さらに店内壁際の椅子に列んで案内を待ちます。

煮干強者 塩 790円 3.6

清湯系の名古屋コーチン塩、鶏白湯、乳化ダブルスープの真空そば、つけめん、台湾まぜそば、煮干し系などなど無数のメニューが有り、非常に迷います。系統が違うのでこれだという決め手に欠けます。近所に住んでいたら色々選べて楽しいのですが・・・

なんとなく券売機上の大きなボタンの一画にあった煮干し強者塩にしました。
煮干玄人なるものも有るので、これが最強のニボ感という感じではないようです。
出てきたラーメンは、澄んだスープの淡麗系煮干しそばでした。
澄んではいるもののニボ感はかなり強烈で、煮干しの旨味とエグミが存分に出ています。
個人的にはベストなニボ感ですが、煮干し苦手な人は厳しいかも。

カタクチイワシ中心だと思いますが、塩ダレにも関わらず深いコクがあり各種煮干しが魚醤のように味に作用しているかのようです。アジみたいな濃い青魚の味も感じました。エグミだけではない香ばしさも感じましたので、煮干しだけではなく生魚を焼いたものも使っているのかもしれません。

とにかく非常に澄んだシャバシャバ系でありながら、かなり濃いニボ感を味わえるラーメンでした。乳化動物スープと合わせたような濃いゴリゴリの煮干しではありませんが、それに匹敵するくらいの強烈なニボ感を味わえました。美味い!

麺は中細ストレートの低加水パツパツ麺で、煮干しスープには王道の組み合わせでしょう。
結構麺量があった気がします。

具は、みじん切りタマネギ、ネギ、海苔、チャーシューです。
チャーシューは炭火焼き、直火焼き、バラ、レアチャー、ローストと5種類から選べますので、炭火焼きにしました。でも見る限りどう見てもレアチャーが乗っているんだよなあ、間違えたか。まあ非常に美味い低温調理のレアチャーでデカかったから結果オーライ!

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

茨城県つくば市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す