十割手打そば処 福田@上田市真田町長で天ぷら付もり

2018年4月昼、長野県上田市真田町長の蕎麦屋「十割手打そば処 福田」に行ってきました。

お店は、上田駅からは遠く離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の前にあります。

天ぷら付もり 1450円 3.5

盛り蕎麦は900円、550円違いならと天ぷら付きにしましたが、これがすごいボリューム!
天麩羅もごっそりだけど、なんといっても蕎麦のボリュームがやばい。
普通のお店なら明らかに大盛りと呼ばれる量です。いや大盛り以上か!
茹で前200g強あるのではないか。とにかく超ボリュームで全部食べたらお腹いっぱいでした。

辛汁は、甘味控えめで醤油がキリッとした鰹出汁もしっかり香るものです。
薬味は、おろし、ネギ、山葵と十分な内容です。

その他小鉢も付く。これが変わっていて、フキのような植物を野沢菜みたいな塩漬けにしてあり、なんとこれを天麩羅にしてあるのだ。乳酸発酵した感じの漬物のお味が天麩羅になっていて変わった感じだけど、なかなかいけるではないか。

さてボリュームばかりに目がいってしまう蕎麦ですが、お味もしっかり美味ですよ。
結構な細打ちで、割りとソフトめな噛みごたえながら最後のところでしっかりコシがあります。
若干水切り甘い感じもあり、最初はしっかり瑞々しい感じでしたが、細打ちなのと量が量なので後半乾いてきて柔くなってしまうね。

細い割にはそこそこ粗びき目で、何よりもしっかり蕎麦の風味があるのがGOOD!
如何に食感や舌触りが良くても香りがしっかりしていないとイマイチ感が拭えませんが、こちらは意識しなくても蕎麦の香りをしっかり感じることが出来ました。
量のインパクトだけでなく、しっかり蕎麦として美味しいのが良いですね。

天麩羅は、海老天、ブロッコリー2個、ピーマン2個、えのき2個、ふきのとう、春菊ごそっとという構成です。

海老はまあ平々凡々ですな。エビはよくある小型サイズで衣も厚くあまりに普通。
ふきのとうっぽいのは唯一田舎の蕎麦屋を感じられてよかったですが、他があまりにありきたりな野菜で面白みがない。そこそこ衣薄めに仕上がっていて悪くはないのですが、どうも特別感を感じないかなあ。

まあ天麩羅のネタが云々というより、蕎麦も天麩羅も量が多いので、どうも希少性に欠けるというか飽きが来てしまい、量が多いことでかえって印象を下げてしまっている気がしました。
蕎麦も天麩羅もあまり量食べて満足するものでもないし、ちょこんと盛られている方が高級に見えますしね。

最後に蕎麦湯が出てきました。割りとシャバッとしていますが、そば粉を溶いてあるタイプ。
そば粉の粒子が大量に浮遊して飲み応え抜群です。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ長野県上田市の人気記事

コメントを残す