スープ研究処 ぶいよん@上田市でラーメン「とりそば」

2018年4月夜、長野県上田市のラーメン屋「スープ研究処 ぶいよん」に行ってきました。

お店は、上田駅からは遠く離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の前にあります。

とりそば(とり) 900円 3.5

とりそば、つけ、の2種類がありますが、まずはノーマルの鶏そばでしょう。
とりそばにも、ノーマルの”かけ”、味玉が乗った”たま”、鶏ももが乗った”とり”、両方乗った”全部”があります。ノーマルの”かけ”でも良かったのですが、なんとなく”とり”にしました。

タレも選べて基本の塩、海塩、醤油、味噌とありますが、塩にしておいて大正解でした。
繊細な出汁感を味わいタイプなので、カエシは大人しいものに限る!

出てきて何ともシンプルな一杯ではありませんか。麺が顔を出すくらいに浅く張られた白濁スープの上には、からあげ1個分ほどの鶏肉とネギとアオサのみがトッピングされています。
かけだと本当にネギとアオサだけのかけラーメンですね。本当にスープを味わうものなんだな。

澄んだ鶏清湯を想像していましたが、実際には微乳化という感じの白濁はしているもののトロっとはしていないシャバシャバスープでした。鶏の出汁がしっかり出ていて優しい味付けですね。
塩が本当に最小限という感じで非常に優しく使われていて、余計に鳥の旨味を存分に感じることができます。単に鳥の旨味だけではなく野菜の甘味も存分にでていますね。
このあたりがブイヨンたる所以でしょう。鶏と野菜の旨味がじわっと滲み出た、塩分濃度が極限まで抑えられた繊細なブイヨンスープなのです。

水炊きの残り汁で作る鶏ラーメンのように、非常に繊細で優しいお味のラーメンでした。
塩分が控えめなので、ゴリゴリの濃いラーメンに慣れている人にはイマイチに感じるかもね。

麺は中細よりはやや太めな感じのストレート麺ですね。
繊細なスープなのでもっと細くてもいいような気がしました。
どんぶりが出てきた時は少なめのラーメンだなと思いましたが、底が深く麺量は意外とあるのね。麺というよりスープが少ないタイプでしたね。麺は意外としっかり入っていました。

スープを楽しむことにコミットしているだけあって具がシンプル過ぎです。ネギとアオサだけ!
とりをトッピングしましたが本当に唐揚げくらいの小さな肉が乗っているだけですからね。
鶏ももをほろっと崩れるくらいに柔らかく醤油煮にしてあって美味いですがね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ長野県上田市の人気記事

コメントを残す