新鶴本店@下諏訪町で塩羊羹

2020年8月午後、長野県諏訪郡下諏訪町の和菓子屋「新鶴本店」に行ってきました。

お店は、下諏訪駅から徒歩10分ほどの立地です。
駐車場は、お店の向かいにあります。

塩羊羹 小 950円 3.4

色々と和菓子がありましたが、こちらの名物の塩羊羹の一番小さいサイズを購入しました。

とは言え、一番一般的な煉羊羹の一本分くらいサイズなので、食べ応えがあります。
家族で分けても十分な量ですね。

紙の梱包をあけると、中はこれまたしっかりした厚い紙のパッケージになっていました。

さらに包みを開けてこんな感じに羊羹が入っています。

色は練り羊羹にしてはやや薄めで、やや透き通るような透明感があります。
紺色というよりは、ややブラウンなお姿ですね。

食感は極めて普通の煉羊羹です。変に寒天を入れまくったツルッとした安っぽい羊羹の食感ではなく、豆の繊維の舌触りが感じられるものです。
上品な羊羹という感じですね。

味わいは確かに甘味の中に塩気を感じるもので、なんとも言えないほんのりした塩気が良いアクセントになっています。

甘さは、全く控えめということはなく、結構しっかりと甘いので、実は塩気も割としっかりしているのかもしれません。ただ甘さの方が強いので、塩気はほんのり良い塩梅に感じました。

個人的にはもう少し甘さ控えめな方が好みですが、塩気が入ることを考えると、少なくともこのくらいの甘さは必要なのかな。

もちろん、変な安っぽい羊羹のような、ベタベタに甘すぎるようなものではなく、しっかりした羊羹です。美味いです!

というか、冷静に考えたら、自分一人で一本食べたから甘かったのか。
シェアしてちょこっと食べる分には、このくらい甘くても良いかも。

新鶴本店 店舗情報

食べログ → 新鶴本店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ長野県の人気記事

コメントを残す