姫松屋 本店@島原市で具雑煮定食 竹

2020年9月昼、長崎県島原市の「姫松屋 本店」に行ってきました。

お店は、島原駅から徒歩8分ほどの立地です。
駐車場は、お店の裏にあります。

具雑煮定食 竹 1870円 3.6

島原の郷土料理である具雑煮にしました。松竹梅の定食がありますが、真ん中の竹です。
梅だと定食内容が一気に簡素なものになりますし、松はそんなに大きくアップグレードされるわけではないのに高いので、竹が一番バランス良い感じでした。

メインの具雑煮が1人用土鍋で出でくる他、ご飯、漬物、フルーツ、刺身、ゼリー寄せ、揚げ物や和え物や串物の3点も付く豪華な構成です。

まず、メインの具雑煮ですが、色々と豪華な具材が入った薄口醤油ベースの雑煮です。結構たっぷりで良いですね。

スープを一口飲んで、予想以上のうまさに唸りました。個人的に雑煮ってそんなに好きな食べ物ではないのです。そして、入店時から椎茸出汁の香りを感じていて、個人的に椎茸出汁があまり好きではないこともあり、全く期待していなかったのです。

それが予想外のうまさで驚きました。

一般的なカツオ昆布の和の出汁に椎茸を合わせてある感じだと思いますが、淡いながらしっかりした出汁に、全く尖りのない薄口醤油を極めて上品に薄く使ってある味わいで上品なのです。

ここに干し椎茸の風味が加わっているのですが、確かに私のあまり好きではない干し椎茸の風味がしっかりするのに、全然不快感がなく、とても良いお味なのです。いや、これは予想外のうまさでした。

具も、モチや練り物、ウナギなどが入っており、野菜類も色々入っていて、かなり満足感があります。
そういや、雑煮に入りがちな大根が入っていなくて、スープに大根風味がありませんでしたね。代わりに椎茸風味が効いていましたが。

刺身はカツオとタコでした。カツオはしっとり舌触りでハリもあり柔らかで、良い状態でした。

脇役だけど刺身類も妥協がないですね。海の近くだからこのあたりはしっかりしてますね。

揚げ物は卵焼きとカニカマをノリで巻いて、アラレの衣をつけて揚げてあるもので、意向を凝らしてあって良いですね。

和えものは数の子の入っていない松前漬けでした。あとは海老とチーズの串です。

ネギなんかを出汁のゼリーで固めてあるゼリー寄せです。
このあたりも、単に品数増やすために付けてますという感じではなく、しっかりしています。

姫松屋 本店 店舗情報

食べログ → 姫松屋 本店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

長崎県の人気記事

コメントを残す