永井食堂@渋川市で「もつ煮定食」

2014年7月夕方、群馬県渋川市の永井食堂に行ってきました。

お店は、渋川市から沼田市に向かう三国街道(国道17号線)沿いにあります。
周囲は何もない渓谷沿いで、道沿いに食堂がポツポツあるような場所です。

駐車場は、お店の周りに沢山停められるスペースが有ります。

もつ煮定食 590円 3.5

当然モツ煮定食を注文しました。
注文から1分程度の超速でもつ煮定食が出てきました。

とてもリーズナブルなお値段ですがボリュームたっぷりです。
特に御飯の量は、標準で大盛りといった分量で、この値段でお腹いっぱい食べられます。

肝心のもつ煮は、なんとも言えない独特の味がします。
もつ煮というとピリ辛の甘みのある味が多いですが、永井食堂はあまり甘みがありません。

味噌ベースの味で、胡麻と豚モツ独特の風味が、独特の味のクセを生み出します。
クセと言っても悪い意味ではなく、食べにくいわけではありません。
独特の旨味と言ってもいいかもしれません。

また、豚モツは、もともとなのか煮込まれたからなのか、
こんなにやわらかいモツがあるのかというほど柔らかく、歯ごたえというものがありません。
これは長所であり短所でもありますが、子供やお年寄りでも安心して食べられます。

永井食堂のもつっ子 1070円 3.5

こちらのお店ではお土産も売られていて、3人前1キロがパックになっています。
家でも気軽に永井食堂の味が味わえるわけです。
もつ煮は家で温めても味の劣化が少ないのでおみやげにおすすめです。
ネットでも購入できます。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ群馬県の人気記事

コメントを残す