話食処しん@太田市でランチの「しんの刺身盛込み」

2015年2月昼、太田市の「話食処しん」に行ってきました。

お店は太田駅から徒歩20~30分程度の立地です。
駐車場はお店お周りに停められるようになっています。

お昼時は混んでいるようなので、この日は平日14時頃伺いました。
それでも店内は7割方埋まっていました。

店内は座敷席、テーブル席、カウンターですが、カウンターは1,2席で、配膳窓口として使われているので、使われていないようでした。

ランチ④しんの刺身盛込み+B特選生かきバター醤油焼定 1080円 3.5

こちらのお店はランチが評判です。
日替わり?のランチは5種類プラスアルファで、様々なバリエーションです。
刺身の評判がいいようなので、④しんの刺身盛込み+B特選生かきバター醤油焼定にしました。

10分ほどで出てきたランチは、豪華に刺身類が盛られた定食でした。
決してボリュームがドーンという感じではないのですが、刺身の種類が多く見た目に豪華です。

冷めてしまうと困るので、刺身の前に特選生かきバター醤油焼きをいただきます。
プリプリのなかなかのサイズの牡蠣をバター醤油で軽く焼いてあります。
味付は香ばしくマイルドなバター焼でなので牡蠣に合わないわけがありません。美味しいです。

肝心の牡蠣は、生牡蠣というだけあって生食用の牡蠣なのでしょう。
これを豪華にも焼いています。
完全に火が通ってはいるのですが、生牡蠣のような濃い牡蠣の風味が残っています。
新鮮な牡蠣なのでガチガチに火を通さなくても良いからなんでしょうね。
これはうまかった!

メインの刺身盛りです。本当に豪華ですね。
前列左から、カニ、ホタテ、謎のコリッとしたもの、キビナゴ、いくら、赤貝、イカです。
真ん中の列は左から、マグロ赤身、カンパチ、生タコの炙りです。そして一番奥がシャコですね。
全11点盛りと豪華絢爛!量が多いというわけではないですが、1080円でこれは相当豪華です。

量や種類も関心ですが、質も素晴らしい。
海無し県の群馬県でこれだけの刺身がいただければ十分です。
特別にとろけるような刺身というわけではないですが、瑞々しくハリがあり新鮮です。
海無し県のまずい店で食べるような、くしゃくしゃで水っぽい刺身とは一線を画します。

どれも素晴らしいですが、特に印象に残ったのはイカとタコかな。
イカは柔らかいながらも、もっちりとした歯ごたえがあり、甘みも感じられる逸品でした。
生タコの炙りは、表面を炙ってある生の蛸で、コリッとした歯ごたえが良い感じです。
この日の押しなのか、タコが一番たっぷり盛られていました。

マグロやカンパチはハリがあり瑞々しく、赤貝はコリコリしていて、それぞれ素晴らしい。
全体的に鮮度がよく、海無し県でこれだけの刺身が食べられれば文句ありません。

食後には、ホットコーヒーかアイスコーヒーが出てきます。
今日はアイスコーヒーをチョイスしました。
食後にコーヒーが付くのは嬉しい限りですね。

ランチメニューです。日替わり?でメニューは違うようです。クリックで拡大します。

話食処しん 店舗情報

食べログ → 話食処しん

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ群馬県太田市の人気記事

コメントを残す