米沢牛黄木 牛鍋おおき (まるぶん)@米沢市ですき焼き&しゃぶしゃぶ

2013年10月夜、山形県米沢市にある米沢牛のお店「まるぶん」に行きました。
今は「米沢牛黄木 牛鍋おおき」と店名が変わったようです。

駐車場の中にあるこじんまりとしたお店です。
米沢駅のから極めて近いため、電車利用の方にも便利。

牛鍋定食 2000円 3.4

この店の人気メニューです。2000円で牛肉がたっぷり入った牛鍋がいただける。
店員さんによると、下記のしゃぶしゃぶと同じ150グラムだそうだが、気持ち少なく見えた。

とはいえ十分すぎるボリューム。変にケチって2000円くらいで米沢牛を食べようとすると、
肉がちょろちょろしか入っていないものが出てきたりするが、これはたっぷりである。
2000円くらいで安く米沢牛を食べようと思ったら、これがベストな選択肢だろう。

全国津々浦々で色々ブランド牛を食べてきて分かったが、
同じ店に2グレードくらいの同じような料理があったら迷わず上のグレードにするべきだ。
下のグレードが赤身肉、上のグレードがシモの入ったロース系の肉だからだ。
この店であれば、牛鍋定食2000円が下で、すき焼き3100円が上である。

肉は生の状態だとかなり霜降りなのでロース系かと思ったが、
食べてみるとやはり赤身肉である。

火を通すと少々固め(安い肉のようなカチカチではない。
ロース肉に比べると硬いという意味である。)になった。

同じような肉がしゃぶしゃぶにも入っていたが、
さっと軽くしゃぶしゃぶして食べると、なかなかやわらかかった。
牛鍋は、肉を煮込んでしっかり火を通すため硬くなってしまう。
野菜に火が通る前でも、肉の色が変わるか変わらないか位のタイミングで、
すぐに肉だけ食べてしまったほうが美味しく食べられる。

やはり、すき焼き系は美味しい肉を食べるのには適していない気がする。
火が通りきらないうちに食べられるしゃぶしゃぶのほうが、
良い肉を食べるのには適している。

しゃぶしゃぶ3100円+御飯200円 3.9

ということで、しゃぶしゃぶである。米沢牛のしゃぶしゃぶが3100円は安い。
ボリュームもたっぷり150グラムだそうである。

タレはポン酢とゴマダレのオーソドックスなスタイル。
キャベツ、長ネギ、白滝、豆腐、えのきなどの野菜類が付く。

肝心の肉は、牛鍋と同じ軽い霜降りの赤身肉(もも肉?)と、
霜降りのロース系肉?が4:6くらいで混ざっている。

ロースっぽい霜降り肉のほうは、さすがは米沢牛という質。
赤身肉っぽい方も、さっとしゃぶしゃぶして食べれば、十分すぎるやわらかさとおいしさ。
あまり火を通しすぎるとチョット硬くなりますが。

高い金を出して最高にいい米沢牛を食べたければ、
5000円以上出して高いお店に食べに行けばもっと良い肉はあるが、
手軽においしいものが食べたければ、こちらの方が値段的に手軽に楽しめます。
米沢牛のしゃぶしゃぶがこの値段で食べられるのはコスパ抜群ですね。

牛肉は固くならないように、さっとしゃぶしゃぶして、パパっと食べてしまうのが良い。

さっとくぐらして、少し赤みが残るくらいでいただく。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニュー続きです。クリックで拡大します。

米沢牛黄木 牛鍋おおき 店舗情報

食べログ → 米沢牛黄木 牛鍋おおき

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ山形県の人気記事

コメントを残す