藤掛屋@桐生市で栗まんじゅう&かすてらまんじゅう

2016年8月午後、群馬県桐生市の「藤掛屋」に行ってきました。

お店は、桐生駅から徒歩13分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

休日には待ち時間が必要とも噂される藤掛屋ですが、平日午後は全く待ち時間無しですぐに購入できました。とはいえ、ひっきりなしにお客さんが来店している感じではありました。

栗まんじゅう 90円 3.4

こちらは藤掛屋の名物である栗まんじゅうです。
少しバリが出来ていますが栗の形をしている、たい焼きのようなものです。
生地はたい焼きや今川焼きそのもので、表面はカリッと中はふわっと仕上がっています。

生地は薄めで、中には粒餡がたっぷり入っています。
甘すぎず、かといって甘さ控えめでもない、丁度よい感じの甘みで良いです。
少し塩気も感じる感じのしっかり味のある粒餡ですね。

ちなみに栗の形をしているだけであり、栗は入っていません。
たい焼きが鯛の形をしていて、鯛が入っていないのと同じことです。

良い感じに仕上がった今川焼きという感じで、お値段も手頃で人気なのが分かります。
皆箱買いで10個以上買って帰っていましたね。おみやげかな?

かすてらまんじゅう 95円 3.5

そしてもう1種類”かすてらまんじゅう”なるものもあります。こちらは5円高い!
こちらも栗の形をしています。同じ型で焼かれていますからね。
見た目はこちらのほうが色が濃く、栗の形がはっきりとしています。
色といい形といい、こちらのほうが栗まんじゅうという感じがしますね。

かすてらまんじゅうも中身は粒餡です。同じ粒餡ですねこれは。
違いは生地で、ベビーカステラみたいな感じで、表面がカリッカリでパリパリに仕上がっています。
栗まんじゅうの方もたい焼き並には表面カリカリなのですが、かすてらまんじゅうの方がよりハードにバリっとしています。

この表面の香ばしさと、内側のしっとり生地、そして程よい粒餡がマッチして、実に美味い!
私は明らかにかすてらまんじゅうの方が好きです。カリカリ感がたまらん!

しかし、これお土産で持ち帰ったら、カリカリ感薄れてしまうだろうなあ。
トースターとかで焼いたら復活するのだろうか。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ群馬県桐生市の人気記事

コメントを残す