広東名菜 翡翠軒@太田市で「海鮮入りおこげ」など中華

2016年8月夜、群馬県太田市の中華料理屋「広東名菜 翡翠軒」に行ってきました。

お店は、太田駅から徒歩15~20分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

海老の特製チリソース炒め(プリプリピリ辛) 1339円 3.4

料理人のチーフが周富徳のお店で働いていたということで、広東料理のお店のようです。
しかし、四川料理など中華全般のメニューが有りかなりメニュー数が豊富です。
何にしようか迷った挙句、なんとなくエビチリを頼みました。

海老は大エビというほど大きくなく、小エビほど小さくなく、海老が主役の料理に耐えうるサイズでありながら食べやすいサイズです。
エビ自体はプリっぷりに仕上がっていて良いですね。エビチリのソースはよくあるオーソドックスな感じで、飛び抜けて美味いという感じではない比較的優しい味です。
周りの揚げワンタンに絡めても美味いですね。

全然悪くない感じではありますが、少々ボリューム不足に感じました。
海老高いし、この値段ならまあこんなものか。

海鮮入りおこげ(塩味) 1112円 3.5

広東料理といえば海鮮ということで、海鮮入りおこげを注文しました。
おこげがたっぷり入った鍋とは別に、お皿に入った海鮮あんかけが来て、テーブルで上にかけてくれます。
それもそのはずで、餡に浸かるとおこげはあっという間に湿ってパリパリ感が失われもっちりした感じになってしまいます。まあそれはそれで美味いですがね。

大きいエビやホタテ、イカ、青菜、セロリ、タマネギを、広東料理らしい薄い塩味の優しい味付けで仕上げてある餡で、セロリと青菜の風味がしっかり出ていて美味しいです。
おこげを頼んでもおこげが妙に少ない店とかありますが、こちらはたっぷりでよかったです。

茄子の揚げ物・特製ピリ辛香り炒め 1080円 3.3

茄子にフリッターみたいな軽い衣を付けて揚げてあるもの、長ネギを豆鼓と鷹の爪とニンニクで炒めてあります。
炒めてといっても、ネギも豆鼓もニンニクも揚げたかのようにパリッパリになっていて、食材が絡み合っていない感じで、すべての素材を揚げて盛っただけという印象です。

とにかく味がしないのです。メインの食材は揚げナスとネギですが、味がしないのでニンニクや豆鼓をつまみながら食べると味がします。
味は悪くないのですが、ナスやネギに味が絡んでいないので、何とも微妙感があります。

ちなみに揚げナスは、中はふっくらジューシー、外はカリカリで非常に美味です。
味付けをもう少し何とかしたらかなり美味そうなんだがなあ。

広東名菜 翡翠軒 店舗情報

食べログ → 広東名菜 翡翠軒

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ群馬県太田市の人気記事

コメントを残す