山里@松本市で居酒屋飯「馬刺し、山賊焼き、手打ちそば」

2016年11月夜、長野県松本市の居酒屋「山里」に行ってきました。

お店は、松本駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

まずはお通しが登場。お通しはたぶん400円位です。

馬刺二品盛合わせ 1382円 3.6

松本周辺はもちろん信州中の名物や郷土料理が揃っている居酒屋です。
ジビエから昆虫まであり迷いますが、それほどお腹が減っていなかったので松本周辺の名物だけ注文しました。まずは馬刺しです。

二品盛合わせは赤身とロース、三品盛合わせは赤身とロースとバラ、四品盛合わせは赤身とロースとバラとハツ、五品盛合わせは赤身とロースとバラとハツと動脈だという。
無難に2品盛り合わせにしました。

赤身とロースが4枚づつ盛られています。

赤身は、乾きも無くしっとり瑞々しい舌触りで素晴らしい馬刺しです。
柔らかく簡単に噛み切れクセもなく最高ですね。

ロースは脂身も入り脂の旨味もありますが、なんかやはり馬刺しは赤身が花形な気がします。
やっぱり赤身が圧倒的にうまいな。ニンニク醤油でも生姜醤油でも美味い!

松本山賊焼き 1080円 3.4

こちらも長野名物の山賊焼きです。ボリューム満点です。ハーフもあります。
ただ、肉だけではなく骨にも衣を付けて揚げてあるので全部が肉というわけではない。

衣はカラッと肉は柔らかで美味いですね。
味は薄塩味で大きな特徴はないですが、シンプルな味わいが良い。
ボリュームがあるのでおつまみとしても最適です。

手打ちそば 756円 3.4

居酒屋ですが締めの蕎麦は手打ちだといいます。
出てきてまずそのビジュアルの良さに度肝を抜かれました。
青みがかった灰色の蕎麦ではなく、非常に鮮やかなブラウンで星も見えます。
しかも手打ち感満載の歪な切り方で、瑞々しく輝いて、とんでもなくビジュアルが好みです。

ただビジュアルと裏腹に味はそんなに好みな感じではありませんでした。
まず蕎麦の香りや風味が非常に弱い。また、しっかり水で締められてコシはしっかりあるのですが、どうも平打ち気味に切られているため、特に切り方が細い部分はコシが弱いです。

まあ、味自体は悪い蕎麦ではないのですが、あまりにもビジュアルが美しいので比べると味は特別感無いなと感じてしまったのです。もう見た目だけで大満足してしまった一枚でした。

タグ: ,

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ長野県の人気記事

コメントを残す