和洋レストラン 新洋亭@富岡市でカツ丼

2017年5月昼、群馬県富岡市の洋食屋「新洋亭」に行ってきました。

お店は、上州富岡駅から徒歩4分ほどの立地です。
駐車場は、お店の建物の横にあります。

カツ丼 850円 3.3

富岡で一番古い洋食屋だという新洋亭!上州名物のタレカツ丼が看板メニューです。
丼ぶりとしては非常に標準的なサイズのものですね。
きちんとフタが乗って出てくるのが良い!

ソースカツが3枚のった標準的なボリュームのソースカツ丼に、味噌汁、小鉢、漬物が付きます。小鉢はひじき煮でした。甘く煮られていてなかなか美味い。

カツは標準的なヒレカツサイズのものが3枚ですが、なかなか厚みがあるのでなかなか満足感があります。
衣が結構ヤワヤワになってるタイプで、食べ始めの頃こそ微かにサクサク感の片鱗が見られましたが、後半は完全にフニャッてました。
まあそれはそれでタレを吸ったカツはなかなか美味いですね。

味付け的にはどうなんだろう。上州のカツ丼ということで、最初はタレカツ丼だと思っていたのですが、ふと一瞬酸味を感じた気がしました。甘辛タレの気もするし、ソースっぽい気もする不思議な感じでした。
もしかしたら甘辛のタレカツ丼の味をベースに少しウスターソースも加えてある感じなのかも。

中のお肉は薄めに切られたお肉を2枚重ねてカツにしてある感じでした。
噛むとお肉とお肉の間にじゅわっと肉汁が湧き出る感じです。
際立って凄い質の肉ということはなく平々凡々ですが、柔らかく簡単に噛み切れるものでカツ丼の肉としては過不足なしです。

お肉も柔らかでなかなか美味いタレカツ丼でしたが、個人的には衣はカリッカリのタイプの方が好みでした。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ群馬県の人気記事

コメントを残す