「おぎのや ドライブイン横川店」で峠の釜めし

2017年5月夕方、群馬県安中市は横川の「おぎのや ドライブイン横川店」に行ってきました。

お店は、横川駅から徒歩4分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

釜めし 1000円 3.5

おぎのやといえば何と言っても峠の釜飯です。このドライブインから目と鼻の先にある横川駅の横におぎのや本店があり、横川駅の名物駅弁となっています。
東京駅でも売っているので関東圏ではかなりの有名駅弁ですね。

普通の食堂といった風貌の本店の趣も良さそうですが、こちらのドライブインではお土産類も充実していて、休憩処としても使い勝手良しです。とはいえ結局買ったのは釜めしなんですけどね。

包みを開けると、昔と変わらない益子焼の器に入って千円ポッキリ!
益子焼の釜はおみやげに持って帰ることが出来ます。

漬物がお弁当らしく、また独特の容器に入っています。
塩辛く乳酸発酵したような風味の山ゴボウ、浅漬で辛めの味付けのモロキュウ、ものすごく塩辛い青梅?ナス?のようなもの、梅干し、わさび漬けという構成で、漬物としては非常に個性的な面々です。

蓋を開けてこんな感じ。所狭しとバラエティ豊かな具材が乗っています。
一見ボリューム軽そうに見えますが、全部食べると結構な満足感があります。

そういえばお店にも注意書きがありましたが、味付けご飯なので痛みやすいので注意です。
むかし秋だったので気候的に大丈夫だろうと翌日食べようとしたら、納豆みたいに糸を引いていたことがありました。暑い時期はなるべく早く食べないとまずいですね。

しいたけは甘辛醤油味で煮られています。干し椎茸みたいなクセもなく良い。
ささがきゴボウは甘辛醤油味で煮られていて、一味っぽいピリッとした辛さがあります。
タケノコは歯ごたえがありながら柔らかく、甘酸っぱく炊かれていて美味いです。

鶏肉は、醤油味で煮られていて、ご飯同様に素朴で優しい味わいです。
味付けが上品なので鶏の旨味がしっかり味わえますね。

栗は砂糖で煮られたように非常に甘く、これが意外と釜飯の具として悪くないです。ご飯自体が素朴な味わいなので、意外と具材が主張する味付けになっていてコントラストが面白いですね。
干しあんずは、甘酸っぱくカリッとした食感も良いですね。

その他、グリーンピース、うずらの卵、紅しょうがが乗っています。
素朴な具材ばかりなんですが、これがまた素朴な味付けのご飯とベストマッチで美味いんです。

ご飯は丁度良い塩梅の固さに炊かれていて、味付けも薄味なのですがしっかり味がします。
具材の出汁と醤油味で炊かれた素朴な茶飯のような味ですが、派手な味はなく塩分濃度も低めで非常に上品な味わい。それでいて味がしないわけではなくしっかり美味しいのが凄い!

しかも、多くの場合は冷めた状態で食べることになりますが、ご飯が固くならずにモッチリで、冷めても味もうまいです。ご飯具材ともに、冷めても美味しい味に非常に工夫されています。
冷めても抜群に美味しいというのは駅弁にとっての必須条件です。人気なのが分かりますね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ群馬県の人気記事

コメントを残す