牛たん つづみ@太田市で天ぷら、ゆでたん、みそ焼たん

2017年5月夕方、群馬県太田市の牛タン屋「牛たん つづみ」に行ってきました。

お店は、龍舞駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

ゆでたん 630円 3.7

牛タン料理が無数にメニューに有り、単に牛たん焼きを出すお店とは一線を画します。
せっかくなので、焼き、茹で、揚げ、刺しと4種類の調理法から各1品づつ頼んでみました。

まずは茹でから「ゆでたん」です。
タンを薄切りにして茹でたものをしっかり水切りして盛ってあります。
塩コショウが満遍なく振りかけられていて、脇に添えられたワサビと塩コショウで頂きます。

お皿の大きいのもあり一見少なく見えますが3枚盛られています。
少々ボリューム不足感は否めませんが、値段を考えるとこんなものでしょう。

さて肝心のお味ですが、素晴らしく柔らかいです。タンってこんなに柔らかくなるんだ!と驚くほどホロホロに仕上がっています。箸で解けるくらい柔らかですからね。
こんな柔らかな肉が存在するのかというほど柔らかなタンを、塩コショウ山葵でいただくのですから、もう美味いに決まっています。

たんの炙り刺 810円 3.7

続いて刺身部門から、炙り刺しをチョイスしました。こちらは超薄切りですが、小ぶりながら枚数があるのでボリューム的に充実している気がしました。

牛刺ならともかくタンの刺身ってどうなんだろうと疑っていましたが、食べてみれば大正解!
普通のお肉とは違う少し歯ごたえがあるコリッとした食感で、違った良さがあります。
味は牛刺そのもので、かなり脂がのっている感じでした。味よし食感良しで素晴らしい。

ワサビ醤油でも、にんにく醤油でも大変美味しかったです。
味、食べ応え共に、大満足の一品でした。

みそ焼たん 630円 + きびご飯 190円 3.5

次に焼物部門から、味噌焼きタンです。
普通の牛たん焼きもありましたが、普通じゃつまらないので味噌焼きにしました。
最初にきびご飯も注文したのですが、注文したものの中では味噌焼きタンに一番ご飯が合うということで、ここで出してくれました。

タンのボリューム的にはこの焼きが一番多かった気がします。
この値段でこれだけ出れば随分リーズナブルでしょう。

タンの厚みは、一般的な牛たん焼き屋の一番安い牛たん焼き定食のそれで、肉質も同じく一番ノーマルの牛たん焼きのクオリティそのものです。いわゆる高級な芯タンとかの柔らかな感じではないです。まあ値段的に当然そうなりますわな。
味噌ではない普通の牛たん焼きには、上、極上とあり値段も大幅に高くなっています。

今回は味噌が食べたかったのでこれでOK。というか別に固いわけではなく十分に美味いですからね。味もあまり味噌味噌した感じではなく、味噌ダレに漬け込んだ感じのほのかな味噌の風味がする味で良かったです。

きびご飯は白米比率が高く普通ですね。漬物も付きます。

たんの天ぷら 810円 3.6

最初出てきた時、あれ?間違えて注文したか!?天ぷら盛り合わせが出てきたぞ!と思いましたが、これであっていました。
牛タンの天ぷらだけではなく、その他のものとの盛り合わせなんですね。

薄く細く切られたイカ天2個、タケノコ天2個、舞茸天2個、プチトマト天1個、牛タン天3個という構成です。どれも一口サイズで軽いですね。
しかし、この天ぷらが意外とレベルが高く素晴らしいものでした。
なんというか衣がシャクっと軽くて上品なんです。
かなり薄めではありますが、際立って薄くはない衣なのですが、とにかく軽くてお上品!

中の素材も、イカは歯ごたえがありながら噛み切りやすく、タケノコはサクッとした食感が残っており、舞茸は香りもよく、プチトマトはジューシーで本当にいい感じです。
肝心の牛タン天も、ゆでたんを更に揚げて衣の中で蒸し焼きにした感じで、蕩けるように柔らかくなっていました。素晴らしい美味さです。
ただ、やはり牛タン天のボリュームが少なすぎますね。本当に3口であっという間になくなってしまいます。

以上今回は4品を注文しましたが、どれも美味しくて驚きました。これは牛タンメニューの中のほんの一部に過ぎません。まだまだ食べたいメニューが多数ありましたので、再訪問必須です。

牛たん つづみ 店舗情報

食べログ → 牛たん つづみ

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ群馬県太田市の人気記事

コメントを残す