えん寺@池袋で「ベジポタつけ麺」

2014年12月午後、池袋のベジポタつけ麺 えん寺に行ってきました。

お店は池袋駅北口から徒歩5分ほどのところにあります。駐車場は無いようですね。

入り口左手に券売機があるので、食券を購入してから、店内に並びました。

ベジポタつけ麺 800円 3.6

列んでいるうちに食券を渡してあったので、5分程度で着丼となりました。

今回注文したのは一番基本のベジポタつけ麺です。
麺は普通220グラムですが、大盛り330グラムも無料ですので、大盛りにしました。

また、麺の種類も、胚芽麺ともっちり麺から選択できます。
今回は基本の胚芽麺をチョイスしました。

ベジポタとはいうものの、ドロっとした動物魚介のつけ汁にしか見えません。
香りも魚介の香りが漂い、ありがちなつけ麺のスープにしか見えません。

しかし、違いは、一口飲めばすぐに分かります。
口に含んだ瞬間は、ドロっと乳化した動物系出汁のコクと、節系の風味を感じますが、
すぐに爽やかな酸味と甘味が口に広がります。

なるほど、これがベジポタか!たしかに新しい感じの味わいです。
ドロドロでしょっぱい動物魚介のつけ汁と、ヘルシーで爽やかなベジタブルペースト、
普通に考えれば喧嘩しそうな両者ですが、見事に融合しています。

後味が爽やかで、ドロドロの乳化豚骨スープを口にしている感じがしません。
かなりコッテリのスープのはずなのに、するする食べてしまいます。

なんというかこれまでに味わったことのないような系統のスープでしたね。
まさに新ジャンルといった感じの味わいでした。新鮮でとてもおいしかったです。

麺はラーメンどんぶりにこんもり盛られていたので400グラム以上あるのでは?
と思いましたが、下に簀垂れがあり上げ底でした。
それでも330グラムなので、十分すぎる量ですけどね。

つけ麺らしい太麺で、しっかり水で締められていて、非常にコシがあります。
ドロッとしたスープともよく絡み、食べごたえがありました。

最後にカウンター上においてあるポットのダシでスープ割りにして締めました。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都豊島区の人気記事

関連ページ by google

One Response to “えん寺@池袋で「ベジポタつけ麺」”

  1. かき より:

    ベジポタスープは美味しいが、定員の質が最低、他を見習って欲しい。

コメントを残す