つじ田 奥の院@飯田橋でラーメン「煮干蕎麦 並」

2014年12月夕方、飯田橋のラーメン屋「つじ田 奥の院」に行ってきました。

飯田橋駅の前の大通りを南東に進むと2分ほどの位置にあるはすですが・・・
「めん徳 二代目 つじ田 飯田橋店」と「つじ田 味噌の章 飯田橋店」が並んであるだけです。
つじ田奥の院なんて影も形もないんですが??

ふと脇道に目をやると、先ほどの2店舗の奥の位置に怪しげな空間が広がっていました。
小さな竹林の奥に日本料理屋のような佇まいが顔をのぞかせます。

まさかこれ?と思いましたが、どう見てもラーメン屋には見えません。

恐る恐る近づいてみると、つじ田の文字が。やはりここだったんですね。
表通りの2店舗のちょうど奥に位置する店舗に脇道から入るわけですか。
なるほど奥の院です。

食券を券売機に購入して入店すると、先客はいませんでした。
表の2店はこの時間でも賑わっていましたが。

店内はL字型カウンター8席程度で、小料理屋のような感じでした。

煮干蕎麦 並 780円 3.9

今回は一番基本となる煮干蕎麦並を注文しました。
全部乗せの煮干蕎麦上もありますが、私は通常はノーマルの方を頼みます。

ほどなく着丼したラーメンからは、なんとも言えない煮干しの良い香りが漂います。
色も灰色がかっていて、これは期待が持てます。

スープを飲んでみると、すばらしい煮干しの旨味が口いっぱいに広がりました。
なんというか、煮干しの旨味がこれでもかこれでもかと出ています。
一方、煮干しのエグミは殆ど出ていない。かすかに後味にエグみが残る程度です。
これほど煮干しの旨味が出ていて、エグみが少ないスープも珍しいですね。

スープ自体はシャバシャバしていて、非乳化の鶏ガラ醤油スープみたいな感じでした。
そのスープをベースに煮干しをガツッと効かせて、
水面にラードか何らかの香味油を浮かべた感じです。

いずれにしても煮干しの旨味が強烈に効いている割には、
エグみや臭みがなく食べやすいです。
煮干し初心者から上級者までオススメできます。

具はロース系のチャーシュー2枚、大きめに切ったネギ、メンマ、海苔です。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都千代田区の人気記事

コメントを残す