拉麺人生@常総市 水海道で人生ラーメンと手羽餃子

2017年9月昼、茨城県常総市のラーメン屋「拉麺人生」に行ってきました。

お店は、水海道駅から徒歩17分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

大通りからは奥まった路地の先に有るので行くまで営業しているのか分かりづらいのですが、つくば方面から国道354で向かい鬼怒川に架かる豊水橋を渡り終える頃、右手奥のお店のあるあたりを見ると信号機のような赤と青のランプが目に入ります。写真中央付近で青く光っているのですがわかりますか?夜のほうがくっきり分かりやすいです。実はこれで営業中か閉まっているのか分かるのです。青なら営業中で赤なら閉まっています。

実は前日夜に一度行ってみたのですが信号が赤くなっていて、まさかと実際にお店の前まで行ってみると臨時休業の看板が出ていました。臨時休業も多いとの噂のお店です。
この日は前日のリベンジで、日曜日の11時40分頃行ってみましたが、写真の通り青でした。
ちなみに開店からわずか10分後ですが、店内ほぼ満席となっていました。

人生ラーメン 450円 3.5

人生ラーメンとラーメンは醤油味、人生ラーメンPARTⅡと味噌ラーメンが味噌味だそうな。
とりあえず基本の人生ラーメンがいいだろうということで注文しました。
人生ラーメンは長ねぎと青ネギが散らされただけの素ラーメンです。
逆にラーメンの方には具が入っているということです。

具がないシンプルな透き通った醤油スープに、綺麗に揃った麺が浮かぶなかなか美しいラーメンですね。色が薄く綺麗に澄んだスープが非常に期待させます。

スープを一口飲んで鶏清湯醤油なのですがどうも普通の鶏出汁とは全く違う味わいがあります。何処かで確実に味わったことがある味ですが何だったかな。ホタテとか貝系かしら?それとも蟹とか甲殻類?とにかく鶏だけでは出せない深い厚みのある旨味があります。

非常にアッサリなスープですが、水面付近には結構油もあり、この香味油?が結構旨味があったのかも。とにかくアッサリシンプルな清湯醤油でありながら、ただの鶏出汁のような単調な味わいではない深い味がします。

ちなみに麺は、かすかに縮れた中細麺で、割りと昔ながらの黄色っぽい色をしていますが、少し固めに茹でられていて悪くないです。このスープによく合っていると思いました。

スープを飲み干すと「偉くなるだけが人生じゃない」と書かれているそうですが、剥げてました。

しかし、最初の数口は味わい深いと思ったスープですが、麺を食べ終わって半分から下を飲み始めるころに少し印象が変わりました。
どうも深い旨味が消え、どちらかと言うと単調なそれもチープな鶏清湯のような味に感じられてきて、ヘタをしたら化調のような印象すら受けました。
どうも魚介系?か何かの深い厚みのある層が上の方に集中していたような感じで、底の方のスープはそれほど感心しませんでした。水面の香味油の付近がうまかったのかな?

手羽餃子 440円 3.5

手羽餃子も人気なようで頼んでいる人が多かったですね。ラーメンの値段があまりに安いのと、具がないので、これを頼むとちょうどバランスが良いですね。
見た目は普通の手羽餃子です。肉を折りたたんで丸っこく作っている感じです。
表面がカリッと香ばしく焼かれていて非常に良いですね。

表面はカリッとですが、中のお肉と餡はふっくらジューシーで素晴らしいです。
餡もこれぞお店の餃子という感じの良い味に仕上がっていて、大変美味でした。
奇をてらわないオーソドックスな手羽先餃子ですが、文句のつけようのない美味さです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ茨城県の人気記事

コメントを残す