ぬりや泉町店@水戸市で絶品鰻「上うな弁」

2013年6月夕方、水戸市のうなぎ屋の「ぬりや泉町店」に行ってきました。

お店は、水戸駅からは徒歩20~25分ほどの立地です。

駐車場は、お店の目の前の道路を水戸駅方面に20メートル進み、
交差点で右折して50メートル程度で左側にある石川ビル駐車場に停めると、
1時間無料券がもらえました。

店内はテーブル席と座敷席があります。
席は敷居で区切られているので、落ち着いて食事が出来ました。

ぬりやは鰻が出てくるまでに40分以上かかります。
したがって、事前に予約して行くことが望ましいです。
予約時に、行く時間と頼むメニューも伝えておくと、席についてから比較的早く出てきます。

うな弁(上) 3500円 4.0

メニューは、うな丼、うな重、上うな弁、特上うな重、極上うな重とあります。
ぬりやでは、うな重はご飯とうなぎの蒲焼が別々に出てくるスタイルです。
普通のうな重のようにご飯の上に鰻が乗っているのは、うな弁になります。

メニューに有るのは上うな弁だけですが、
うな重や特上うな重など他のメニューもうな弁にできたはず。たしか・・・
逆に、上うな弁もセパレートタイプの上うな重にできたはず。記憶では・・・

うな重は、やっぱりご飯に鰻がのっていて欲しいので、今回は上うな弁にしました。
お値段的にも真ん中あたりがいいかなということで、上うな弁にしました。

予約しておいたのですぐに出てきたお重は結構大きめのものでした。
肝吸いと漬物が付きます。

お重も結構大きめですが、乗っているうなぎがこれまたでかい。ご飯がほぼ隠れています。
うなぎ高騰の昨今、3500円で出てくる鰻としてはかなり立派なものです。

大きさだけではなく、質もかなりのものでした。厚みも肉厚で、とにかくジューシーです。
肉で言えば肉汁があふれる感じです。

手をかけて蒸す事によってフワトロにしているというよりも、うなぎ自身の質が高く、最初から脂がのりジューシーで柔らかい感じですね。
今まで食べた中で一番ジューシーな鰻でした。

野田岩で食べたような限りなく天然うなぎに近づけた、変に脂がのっていない上品な鰻とはまた別のベクトルの素晴らしさです。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

ぬりや 泉町大通り 店舗情報

食べログ → ぬりや 泉町大通り

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ茨城県の人気記事

コメントを残す