手打そば 車@取手市でザル蕎麦

2017年9月午後、茨城県取手市の蕎麦屋「手打そば 車」に行ってきました。

お店は、取手駅から徒歩25分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

ザル蕎麦 800円 3.5

玄そば石臼挽き蕎麦の盛り蕎麦です。他に丸挽き石臼手挽き蕎麦の九一ざる蕎麦もありますが売り切れでした。このざる蕎麦は外二以上で、九一の方は蕎麦粉9割以上ということですが、こちらのノーマルのほうがこくがある、九一のほうがスッキリした味わいと書かれていました。

なんのこっちゃと思いましたが、出てきて蕎麦の黒さにビックリです。これ三番粉なのかなというほどに黒い色をしていて、白や黄色の星がド派手に散りばめられています。
田舎蕎麦でもここまで黒いものは滅多にお目にかかれません。甘皮なんかも一緒に挽きぐるみにしているのだと思いますが、それにしても黒いなあ。

辛汁は出汁や甘味のあまり感じられない、醤油感が目立つキリッと辛口な感じのものでした。
薬味はありませんでした。

さて黒いそばですが、食べてみるとやや硬めに蕎麦らしいコシを持っていて、挽きぐるみらしく硬い甘皮を噛むようなギュッギュッという噛みごたえがあります。
メニューには劣化が早いので時間勝負と書かれていましたが、水切りが良い割に全然乾いてくることもなく、比較的瑞々しい舌触りを感じさせる蕎麦でした。

細い田舎蕎麦を思わせるワイルドな噛みごたえとザラついた舌触りと、繊細で上質さを感じさせる瑞々しい舌触りが感じられ、なかなか感心させられる蕎麦でした。
ただ、3番粉中心のような黒っぽい蕎麦だけあって、蕎麦の香りなど風味は弱い気がします。
蕎麦らしい香りが全く無いわけではないのですが、新蕎麦も出てきた最近は結構濃い風味の蕎麦を食べる機会が多いので、相対的におとなしく感じました。。

蕎麦湯は蕎麦粉を溶かしたトロッと白濁したタイプでした。飲みごたえあります。

メニューの書き方だと、たぶん九一のほうがいわゆる普通の蕎麦に近いんじゃないかと思います。多分そちらのほうが香りとかを楽しめるんだろうな。
次回は九一を味わってみたいですね。10食限定で2種類をお得に味わえるメニューもあり。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

茨城県の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す