「小布施堂 えんとつ」でモンブラン朱雀

2017年9月朝、長野県小布施町のカフェ「小布施堂 えんとつ」に行ってきました。

お店は、小布施駅から徒歩10分ほどの立地です。
駐車場は、お店の敷地内にあります。

同じ敷地内の小布施堂本店で9月後半から10月前半の1ヶ月間だけ食べられる栗の点心「朱雀」を食べるためにやってきました。土曜日とあって朝の6時頃到着すると既に数百人の列が出来ていました。一方、同じ敷地内にあるコチラ「小布施堂えんとつ」では通年でモンブラン朱雀を食べることが出来ます。

いつでも食べられるとはいえせっかく来たわけですし、今なら新栗使用とのことでしたのでモンブラン朱雀の方も食べることにしました。

朱雀の整理券の列とはまた別の場所に列がありますので注意が必要です。
こちらは朱雀の方ほどの列びはありませんが、それでも早朝から列ができて、開店を待たずして整理券が無くなってこの日の分は売り切れになってしまいました。

モンブラン朱雀 1500円 3.5

1500円もするモンブランということでどんなものかと思ったら、すごい迫力です!
このプレート自体結構なサイズですからね。その真ん中に鎮座するモンブランも一般的なサイズの1.5倍から2倍程度の体積があります。

左前のソースはラズベリー、右前はチョコレートソースです。更に奥には少し硬めの桃?
また、コーヒーもセットになっています。

主役はケーキの表面を覆っている栗ペーストです。この時期は新栗使用ということで期待大!
非常に甘さ控えめで栗の風味を濃く感じられます。あまり余計なものを混ぜていないのか、水分含有量低めな非常にネットリした重い舌触りですね。

断面を見てみると栗ペーストのボリュームがよく分かります。
普通のモンブランとは比較にならないほど栗ペーストがボリューミーです。

中心部は下からスポンジとホイップクリームと重ねられていて、栗ペーストがかなり甘み控えめなのでホイップの甘さでいただく感じです。
ホイップの一部が半分凍ったように冷たくなっていて、濃厚なアイスクリームを食べているようで、これがまた良いアクセントになっています。

甘み控えめで濃厚な栗感を楽しめる栗ペーストを、ホイップの甘みでいただく非常にに上品なモンブランで、大変美味しかったです。
ただ重いうえにかなり量が多く途中で飽きが来ました。
値段もあまりにも高すぎるので、量半分でいいので1000円位だともっと満足度が高いかも。

小布施堂 えんとつ 店舗情報

食べログ → 小布施堂 えんとつ

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ長野県小布施町の人気記事

コメントを残す