アルペンジロー@横浜 伊勢佐木長者町で和牛煮込カレー

2014年12月夜、横浜のスープカレーの店「アルペンジロー」に行ってきました。

お店は横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅から徒歩5,6分ほどの立地です。
駐車場はなさそうですね。

18時過ぎに伺いましたが、既にお店の前に列ができていました。
名前を書いておくと呼ばれて入店する方式です。
店内は意外と空きがありましたが、厨房が追いつかないらしく入店数を絞っていました。

店内は調理場をコの字型に囲んだカウンター席と、テーブル席があります。
カウンターといってもかなりオサレな感じでしたよ。

こちらはカレー到着前に運ばれてきた、福神漬とらっきょです。

チョリソ 680円 3.6

カレー注文前にアラカルトからチョリソをチョイス!
ファミレスのようにお皿に辛いソーセージが盛られてくるのかなと思ったら、
小さなお鍋に入って出てきました。

しかも鍋には、チョリソから出た赤い油とカリカリしたパン粉が入っています。
多めの油で、チョリソとパン粉を揚げるように焼いた感じですね。

このカリカリしたパン粉とチョリソを一緒に食べるとまた新しい食感で美味い。
チョリソーソーセージ3本で680円とイイお値段ですが、実にオシャレで美味です。

和牛煮込カレー 1380円 3.6

いよいよカレーを頼もうと思っても、色々種類があって迷ってしまいます。
店員さんは国産若鶏カレーが一番人気だと言っていましたが、
数量限定の文字に惹かれ和牛煮込みカレーを注文しました。

カレーはチョリソのように小鍋に入ってやってきます。
驚いたのはご飯で飯盒の様な容器に入ってきました。
これを好きにお皿に盛って食べるようです。

写真のように飯盒に入ってご飯がやってきます。
ちなみに写真は100円増しで大盛りにしてあります。
カレーを余らすなんてもったいないことをしたくなかったので、大盛りにしましたが、
結果的に普通盛りでカレーの量にちょうど良いくらいだったかな。

さて、肝心の和牛煮込カレーですが、さらっとしたスープカレーのルーに、
ゴロっと大きな具が浮かんでいます。

具は別に加熱したものを後で合わせているようで、
具にカレーが染み込んでいるようなことはありませんでした。
ガッツリ煮込んで染み込んだ具もいいですが、こちらは野菜の味がしっかり楽しめます。

メインの和牛煮込ですが、スプーンでほろほろと崩れるくらい柔らかかったです。
このほろほろ感はすね肉なのかな?とにかく美味しくないわけがない。

そして、ルーは、スープカレーらしいサラサラのルーです。
味は、カレーというよりも欧風カレーと言った感じです。デミグラスソース系の味ですね。
デミ系の甘いスープに香辛料で香りとスパイシーさを加えたような味です。
玉ねぎ、にんじん、セロリ、トマトなど香味野菜をしっかり煮込んであるのでしょうね。
甘めの味付けのスープカレーで独特でおいしかったです。

海の幸カレー 1520円 3.8

もうひとつ頼んだのが、海の幸カレーです。

こちらは貝、海老、イカなど海の幸がてんこ盛りです。
具材の美味しさももちろんなのですが、ルーも先ほどのカレーとは異なりました。

ベースはもちろん同じなのでしょうが、魚介類の旨味が溶け出して、
味にさらに深みが増していました。

特に貝(あさりかな?)の旨味が存分に溶け出して、非常に美味しいルーでした。
これは素晴らしく美味しいスープカレーでした。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

横浜市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す