布恒更科@品川区南大井(大森海岸駅)で蕎麦「生粉打ち」

2017年10月昼、東京都品川区南大井(大森海岸駅)の蕎麦屋「布恒更科」に行ってきました。

お店は、大森海岸駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

生粉打ち 1130円 3.6

もり900円もありましたが、あまり変わらないのでせっかくならと生粉打ちにしました。
出てきてビックリなのはそのボリュームです。長方形のせいろに3山の大盛りです。
ヘタなお高い蕎麦屋だったら、せいろ1枚でこれ一山くらいの店もありますからね。
一般的な盛り蕎麦1枚で考えると、大盛りどころではなく2枚分くらいあるかも。

辛汁は、少し甘みも入った醤油感際立つもので、結構尖った醤油感が非常に濃く、少しだけ付けて食べる感じですね。カエシがキツくて出汁感はありませんが、後で蕎麦湯で薄めたら鰹が香りました。
薬味は、山葵、ネギ、大根おろしです。

肝心の蕎麦ですが、非常に細かく挽かれた典型的な江戸蕎麦ですね。非常に滑らかな舌触りの上品な蕎麦です。それでいて香りが非常にしっかりしている。これぞ名店の江戸蕎麦です。

細打ちというにはやや太めの中細くらいの太さで、冷水で締められて気持ち硬めのしっかりしたコシがあります。水分含有量も豊富なイメージでかなり瑞々しい舌触りで、個人的に好きな感じですね。

物凄く際立ったところがある派手な蕎麦ではありませんが、コシ、舌触り、香りなどなど全てが高次元で完成度が高い江戸蕎麦でした。

おまけにこのボリューム。
変に意識高い系のチョロっとしか盛られていない蕎麦屋にも見習っていただきたいです。

最後に蕎麦湯が出てきます。蕎麦粉を溶いたような結構濃厚なタイプですが、トロッと溶けているというよりは大きめの蕎麦の粒子が浮遊している感じで、ザラッとした舌触りがあります。
こういうタイプは飲みごたえがあるので好きですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都品川区の人気記事

コメントを残す