ミ・レイ@蒲田で生春巻き・フォーなどベトナム料理を堪能

2017年10月夜、東京都大田区蒲田のベトナム料理屋「ミ・レイ」に行ってきました。

お店は、蒲田駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

海老の生春巻き(2本) 680円 3.6

ベトナム料理といえば生春巻きということで先ずは定番の海老の生春巻きです。
基本は2本ですが、3名で訪れたので写真は3本分です。

レタス、キュウリなどの野菜類や香草、そしてボイルエビが美しく包まれていて綺麗です。
半透明のライスペーパーは、モチっと弾力があり良い感じの生春巻きですね。
美味い生春巻きって米粉の皮がモチッとしていて弾力もありますよね。

タレは五平餅や焼きまんじゅうにつけるクルミ味噌のような、甘く濃厚な味噌ダレにアーモンドを散らしたもので、甘い味が生春巻きにもよく合っています。
あまり香草がキツく香るようなこともなく、タレも日本的な甘い味噌ダレなのでクセがなく非常に食べやすいです。

肉の生春巻き(2本) 680円 3.6

海老の生春巻きを食べたのに、何故か肉の生春巻きも注文してしまいました。
海老が豚の冷しゃぶみたいなのになっただけでほぼ同じです。
こちらは彩りを考えてか海老の鎮座していた位置に人参が配置されていますね。

味は大きく変わりませんが、タレが全然違いました。一般的なベトナム料理仕様の、人参と大根が浮かんだ甘酢ダレです。あまり甘味も酸味もキツくなく優しい味わいです。
やはりこの甘酢ダレもまた美味いですね。
しかし本当にクセがなくて食べやすいわ。日本人の口に合う仕様になっているのかな。

揚げ春巻き 980円 3.5

実は個人的に生春巻きよりも好きなくらいのベトナムの揚げ春巻きも注文しました。
この細いバリバリにハードな皮がいいんですよね。小麦粉の中華料理の太い春巻きとはまた違った食感の魅力があります。
中の餡はベトナムの春巻きらしく肉主体ですが、蟹かなんかの甲殻類の風味が濃く出ています。
熱々バリバリで大変美味しいですが、飛び抜けた特別感までは感じなかったかな。

牛肉のフォー 1280円 3.7

フォーってアッサリ系スープが多くて、米粉麺もサッパリした味わいなので、個人的に特別好きなわけではありません。しかしこのフォーは全く違いました。
なんというか非常に味がします。単純に塩分濃度が高いということではなく、出汁感がものすごくしっかりしていて味に厚みがあります。
牛肉フォーだから牛骨出汁だと思いますが、本当にシッカリ出汁が出ています。日本の美味しい牛骨ラーメン屋のスープ並みにしっかり出汁を感じる。
しっかり作ったフォーがここまで美味いとは、完全にフォーを舐めてました。
しっかりした出汁だけではなく、散らされたパクチーと絞ったレモンがエスニックな雰囲気を演出して、素晴らしく美味しかったです。

フォーらしい平打ちの米粉麺も良い感じですね。ボリュームもしっかりでした。

サイゴン風フーティウ 950円 3.7

フーティウというのはフォー同様にベトナムの米粉麺らしいのですが、こちらのほうがコシがあるらしい。
見た目はほとんどフォーと同じですが、食べてみると確かにこちらの方が少しコシが強いかも。
まあ言うほど違いがないので、何も言われずに出されたらこれはフォーだなと思うかも。

スープはこちらは海鮮系の出汁がよく出た塩味ですね。魚介の出汁がシッカリ出ていて塩ダレでも全然あっさりしすぎないです。
やっぱりアッサリスープでも、しっかりしたものは本当に味に力があります。美味いよこれ。
今までベトナムの麺料理ってあっさり目で特別美味しいとは思わなかったけど、ミ・レイのフォーとフーティウは本当に美味かった。

鶏肉のレモングラス炒め ?円 3.7

炒め物類も色々ありましたが、鶏肉のレモングラス炒めにしました。牛肉のレモングラス炒めは1400円でしたが、これは値段が書いていなかったので謎。
何か鶏肉が少なめで、殆どがタマネギでした。

しかし、味付けはなんとも言えない美味さですね。ほのかにレモングラスの風味が香りますが、ベースは塩味のスパイス炒めという感じです。カレー味ではないのですが、クミンみたいなカレーっぽいような風味の味付けで、甘みも結構効いたマイルドな塩味です。
まるでネギのような、細かく刻まれ炒められたレモングラスが、タレを吸って具材にこびり着いて、これがまた美味いんですな。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都大田区の人気記事

まだデータがありません。

コメントを残す